ジャン=フランソワ・ミレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャン=フランソワ・ミレー
Jean-François Millet
ナダールによる肖像写真(1856年-1858年頃)
生誕 1814年10月4日
フランスの旗 フランス マンシュ県グリュシー
死去 1875年1月20日(60歳)
フランスの旗 フランス セーヌ=エ=マルヌ県バルビゾン
国籍 フランスの旗 フランス
分野 画家
芸術動向 バルビゾン派
代表作
落穂拾い」、「種まく人」、「晩鐘」
テンプレートを表示
晩鐘(L'Angélus) 1857年 - 1859年 オルセー美術館
落穂拾いDes glaneuses) 1857年 オルセー美術館
羊飼いの少女Bergère avec son troupeau) 1864年 オルセー美術館

ジャン=フランソワ・ミレーJean-François Millet[1]1814年10月4日 - 1875年1月20日)は、19世紀フランス画家

生涯と作品[編集]

パリの南方約60kmのところにある、フォンテーヌブローの森のはずれのバルビゾン村に定住し、風景や農民の風俗を描いた画家たちを、今日「バルビゾン派」と称している。ミレーのほか、テオドール・ルソー、ディアズ、トロワイヨンなどがバルビゾン派の代表的な画家であり、カミーユ・コローなども先駆者に数えられる。

バルビゾン派の中でも、大地とともに生きる農民の姿を、崇高な宗教的感情を込めて描いたミレーの作品は、早くから日本に紹介され、農業国日本では特に親しまれた。ミレーの代表作のひとつである『種まく人』が岩波書店のシンボルマークとして採用されたのは1933年(昭和8年)のことであった。1977年(昭和52年)、その『種まく人』がサザビーズのオークションで競り落とされ、日本に請来された時は大いに話題になった。

1814年ノルマンディー地方マンシュ県の海辺にあるグリュシーという小さな村に生まれた。8人兄弟の長男で、父は農民であり村の教会の合唱指揮者でもあった。大原美術館にあるパステル画『グレヴィルの断崖』は、晩年の1871年頃の制作ではあるが、故郷の海岸の風景を描いたものである。19歳の時、グリュシーから十数km離れたシェルブールの街で絵の修業を始め、22歳の1837年にパリへ出て、当時のアカデミスムの巨匠であったポール・ドラローシュ(1797年 - 1856年)に師事する。デッサンや模写のほか、聖書や神話など画題となる古典文学にも学ぶ。26歳の時、肖像画がサロン(官展)に初入選する。奨学金が停止されていたため生活は貧しく、肖像画や裸体画を描いていた。この頃の画風はマニエル・フルーリ(華やかな手法)と評されており、繊細で柔らかなタッチと明るい色彩が特徴で、神話画などを多く手がけている。

1841年、シェルブールで仕立屋の娘ポーリーヌ=ヴィルジニー・オノと結婚し、パリに住むが、彼女は3年後の1844年肺結核により病死する。1846年には同棲中だったカトリーヌ・ルメートルという小間使いの女性との間に第1子が誕生する。このカトリーヌと正式に結婚するのはかなり後の1853年のことであるが、それ以前の1849年、パリにおけるコレラ流行を避けて、ミレーはバルビゾンへ移住し、以後同地で制作を続けた。この頃には共和国政府からの依頼もあり、経済的にも安定する。農民画に専念し、『種まく人』をサロンへ出品するのは翌1850年のことである。ミレーの代表作に数えられる『晩鐘』『落穂拾い』などの代表的農民画は、バルビゾン移住後の作品である。

また、ミレーは19世紀に広まった月暦画以来の伝統を持つ「四季」の主題の連作にも取り組み、ドラクロワやその弟子アンドリウとも交流している。

2つの『種まく人』[編集]

種まく人Le semeur) 1850年 ボストン美術館

ミレーの代表作のひとつである『種まく人』は、晩夏にの種をまく農民にミレーがインスピレーションを受け、「ヨハネ伝」12章24節でキリストが自分を「麦(信仰)の種」、神を信仰という「種」をまく人に喩えた話を絵画化したものである[要出典]

ミレーは、画面のサイズから構図までほとんど同じと言ってよい『種まく人』の絵を2枚描いた。2枚の『種まく人』のうち1枚はボストン美術館にあり、もう1枚は山梨県甲府市山梨県立美術館に所蔵されている。どちらも模写ではなく本物である。今日までに複数回、2枚並べて展示され公開されたことがある[要出典]

ボストンの絵は、ウィリアム・モリス・ハント(1824年 - 1879年)から日本美術の収集家としても知られるクインシー・A・ショーの旧蔵で、1917年にボストン美術館に入っている[要出典]

一方、山梨県立博物館所蔵の絵は、ミレーの伝記作家でもあった内務省の役人アルフレッド・サンシエから、アメリカの鉄道王W.H.ヴァンダービルトに移り、フィラデルフィアプロビデント・ナショナル銀行の所蔵を経て、1977年、日本へもたらされたものである[要出典]

1850年のサロンに出品されたのがどちらの『種まく人』であったのかについては議論があり、山梨県立美術館の学芸員である井出洋一郎によるX線調査では、山梨作品の下層に下絵が認められ、1985年に開催されたミレー展に際したシンポジウムにおいて、山梨作品はボストン作品より後に製作された可能性を指摘し[要出典]、サンシエや美術史家モロー・ネラトンの伝記にサロン出展作は2番目の製作であると記されていることから、山梨作品がサロン出展作であると推測している[要出典]

ミレーの農民画は同時代や後世の画家に影響を与え、模写されているが、特にフィンセント・ファン・ゴッホは評伝を通じてミレーに親しみ、自分の作品のなかでもミレーのモチーフや構図をそのまま取り入れている。ゴッホの『種をまく人』(1881年、ゴッホ美術館)はミレーの作品を正確に模写しつつ、ミレーとは異なる明るい色彩が加味された作品となっている。

エピソード[編集]

  • ある日パリを散歩をしていると、美術商の店先に掛けてある彼が売った裸体画を、2人の男が眺めているのに出くわした。
    「この絵は誰が書いたんだい?」
    「ミレーって男さ」
    「ミレー? どんな絵描きだい?」
    「いつも女の裸ばっかり描いていて、それしか能のないやつさ」

2人の男はそう会話して立ち去っていった。それを聞いていた彼は愕然とした。金のために仕方なくとはいえども、裸体画ばかり描いているせいで、世間に低級な好みを狙っている画家であると評価されているのだと悟ったのである。それ以後、彼は一切裸体画は書かない、と心に決めたという。[2][3]

代表作[編集]

  • 落穂拾いLes Glaneuses 1857年 オルセー美術館
  • 種まく人 (Le semeur 1850年 ボストン美術館、山梨県立美術館)
  • 晩鐘 (L'Angélus 1857年 - 1859年 オルセー美術館)
  • 春 (Le printemps オルセー美術館)
  • 古い塀 (1862年頃 山梨県立美術館[4]
存在が確認されながらもアメリカの美術愛好家が代々個人所有しており「幻のミレー作品」と呼ばれていたが、山梨県が1億8732万円で購入し、2012年1月25日から一般公開されている[4]

参考文献[編集]

  • 島田紀夫「ボストンと山梨のミレー ―2点の《種をまく人》を巡って―『ボストンと山梨のミレー』(2002年、山梨県立美術館)
  • サルバドール・ダリ「ミレー《晩鐘》の悲劇的神話 パラノイア的解釈」(2003年、人文書院

脚注[編集]

  1. ^ "FORVO"での発音例
  2. ^ 山本有三『心に太陽を持て ミレーの発奮』より
  3. ^ The Great Artist No.99 Jean-François Millet P.7
  4. ^ a b 幻のミレー作品「古い塀」“ミレー美術館”で日本初公開”. MSN産経ニュース (2012年2月5日). 2012年2月5日閲覧。