テオドルス・ファン・ゴッホ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テオドルス・ファン・ゴッホ

テオドルス・ファン・ゴッホTheodorus van Gogh1857年5月1日 - 1891年1月25日)は、オランダ出身の画商画家フィンセント・ファン・ゴッホの弟。テオ(Theo)の愛称で知られる。フランスで活動したこともあって、名前はフランス風にテオドール(Théodore)と呼ばれることもある。

現在の北ブラバント州アイントホーフェンからやや東部にあるズンデルトニューネン付近)に生まれる。祖父は聖職者フィンセント・ファン・ゴッホ1世(1789年 - 1874年)、父はオランダ改革派教会牧師テオドルス・ファン・ゴッホ1世(1822年 - 1885年)、母はハーグ王室御用製本師の娘アンナ・コルネリア・カルベントゥス(1819年 - 1907年)。妻はヨハンナ・ボンゲル(通称ヨー、1862年 - 1925年)、息子はエンジニアのフィンセント・ウィレム・ファン・ゴッホ(1890年1月31日生)。映画監督テオ・ファン・ゴッホは曾孫である。

画商グーピル商会(後にブッソ・ヴァラドン商会と改称)に勤め、パリモンマルトル大通り店の経営を任された[1]。親兄弟と確執関係にあったフィンセントの唯一の理解者で、兄に生活費を援助するなどして支えた人物であった。1880年以降、テオが経済的に援助し続けたので、フィンセントは絵画に専念することが可能になった。

1890年7月27日にフィンセントがパリ郊外のオーヴェル=シュル=オワーズにて死亡すると、その死を悲しんだ。テオ自身はもともと病弱だったが、兄の死をきっかけに徐々に衰弱し、オランダに帰国した。翌1891年、兄の後を追うようにユトレヒトの精神病院で死去した。34歳。

1914年4月、ヨーはテオの遺骨をフランスのオーヴェル=シュル=オワーズにあるフィンセントの墓の隣に改葬し、フィンセントとテオの墓石が並ぶことになった。

テオの墓(右)

脚注[編集]

関連項目[編集]