ル・アーヴル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Le Havre
Blason Le Havre.png
Le Havre Vue Plage 14 07 2005.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) オート=ノルマンディー地域圏
(département) セーヌ=マリティーム県
(arrondissement) Arrondissement of Le Havre
小郡 (canton) 9
INSEEコード 76351
郵便番号 76600,76610,76620
市長任期 Antoine Rufenacht
2008年 - 2014年
人口動態
人口 市:183,900人
2006年
人口密度 3,917人/km²
地理
座標 北緯49度29分 東経0度06分 / 北緯49.49度 東経0.1度 / 49.49; 0.1座標: 北緯49度29分 東経0度06分 / 北緯49.49度 東経0.1度 / 49.49; 0.1
標高 平均:?
最低:0m
最高:105m
面積 市:46.95km² (4,695ha)
Le Havreの位置(フランス内)
Le Havre
Le Havre
テンプレートを表示
ル・アーヴルの街並

ル・アーヴル(フランス語:Le Havre)は、フランス北西部の大西洋に臨む港湾都市。セーヌ川右岸の河口にあたり、ルーアンを首都とするオート=ノルマンディー地域圏セーヌ=マリティーム県に属する。東経0.12度、北緯49.5度。人口190,905人(1999年)、面積46.95km²。港湾の規模はマルセイユに次ぎ、大西洋岸ではフランス第1位の規模である。

対岸のオンフルールとの間には、1995年ノルマンディー橋が架けられた。

2005年、戦後再建された中心部の街並みが「オーギュスト・ペレによって再建された都市ル・アーヴル」としてユネスコ世界遺産文化遺産)に登録された。

歴史[編集]

古い港が泥の堆積のため使用できなくなったため、1517年に建市され、当初はフランソワ1世にちなんでフランシスコポリスと命名された。その後まもなく、ル・ポール・ド・グラース(Le Port de Grace)やル・アーヴル・ド・グラース(Le Havre de Grace)などと呼ばれるようになった。アーヴル(Havre、男性名詞)は現代では一般的には使われないが、中期フランス語で港を意味する[1]。つまり、どちらの名称も「グラースの港」を意味したが、これは港の近くにあったノートル=ダム=ド=グラース礼拝堂(la chapelle de Notre-Dame-de-Grâce)にちなんでいる[2]

第二次世界大戦中、ノルマンディー上陸作戦から続くアストニア作戦艦砲射撃空爆で破壊され、戦後「鉄筋コンクリートの巨匠」とも呼ばれた建築家オーギュスト・ペレによって再建された。

名称について[編集]

ル・アーヴルのル(le)は、フランス語の男性形定冠詞であり、前置詞と結合することがある。たとえば前置詞àと結合するとau(オ)となるため、ル・アーヴルはオ・アーヴル(au Havre)に変化する。前置詞"de"なら"du"(デュ)で、デュ・アーヴル(du Havre)である。なお、 H(アッシュ)が無音であればエリジヨンを起こし「ラーヴル」となるが、この場合"Havre"はゲルマン系の語彙(英語の"haven"と同根)であり有音なので「ルアーヴル」と読む。

姉妹都市[編集]

出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Algirdas Julien Greimas & Teresa Mary Keane, Dictionnaire du moyen français, Larousse, 1992 / 2001
  2. ^ A. Dauzat & Ch. Rostaing, Dictionnaire étymologique des noms de lieux en France , Paris : Larousse, 1963

関連項目[編集]

外部リンク[編集]