クリスティーヌ・ラガルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリスティーヌ・ラガルド
Christine Lagarde
UMP regional elections IlM 2010-02-18 n07.jpg
2010年2月、地方選挙中のUMPの集会にて
生年月日 1956年1月1日(58歳)
出生地 フランスの旗 フランスパリ
出身校 パリ第10大学
エクス=アン=プロヴァンス政治学院
所属政党 国民運動連合

任期 2007年6月19日 - 2011年6月29日
テンプレートを表示

クリスティーヌ・ラガルドChristine Lagarde、出生名Christine Madeleine Odette Lallouette、1956年1月1日 - )[1]は、フランス政治家弁護士。現在、国際通貨基金(IMF)専務理事。国民運動連合所属。パリ9区出身。

経歴[編集]

パリ9区にて、ロベール・ラルエットとニコル・カル夫妻の第1子として誕生。3人の弟がいる[2] · [3]。幼年時代をル・アーヴルで過ごし、そこではカトリックの教育を受けた[4]。 10代の頃はシンクロナイズドスイミングの選手であり、フランスのナショナルチームに所属していた[5] [6] [7]。彼女が16歳の時に父が亡くなり、以後母が1人で子供4人を育てた[8]。1974年にバカロレアを取得。パリ第10大学を卒業し、更に、グランゼコールの一つであるエクス=アン=プロヴァンス政治学院を卒業した。ENAの入学試験に2度失敗しているが、自身はこの失敗を後悔していないと述べている[9]

卒業後の1981年、アメリカの国際ロー・ファームであるベーカー&マッケンジーのパリ・オフィスで弁護士として働き始める。1995年よりベーカー&マッケンジーのシカゴ本部でのエグゼキューティヴとなり、1999年よりチェアマンに選ばれた。

ジャン=ピエール・ラファランに発掘され、2005年にアメリカから帰国。ドミニク・ド・ヴィルパン内閣の農業・漁業相などを経て、2007年6月からフランソワ・フィヨン内閣の経済・財政・産業相大蔵大臣財務大臣に相当)に就任する。G8最初の女性財務相でもある。

2006年には、アメリカの経済誌フォーブスが取り上げた世界最強の女性30に選出されている。反トラスト法労働法専門の弁護士としても著名であり、ベーカー&マッケンジーの所長に女性で初めて就任した。

2011年6月28日、IMFの理事会にて専務理事に全会一致で選出された[10]。女性として初のトップ就任である。かつてラガルドと同じくフランス経済・財政相からIMF専務理事に転じたドミニク・ストロス・カーンが2011年5月に性的暴行容疑で逮捕・起訴されIMF専務理事を辞任したため、その後任の最有力候補として名が挙がっていた[11]

発言[編集]

2008年6月14日、大阪で開かれた主要8カ国(G8)財務相会合において、米国のサブプライム問題に端を発した金融危機とそれによって株式市場から先物商品市場に多額の投機マネーが流入し、世界的に原油高、穀物高などインフレ圧力が増大している当時の経済状況を「世界経済は3F危機(3F;Finance(金融),Fuel(石油),Food(食料))」にさらされていると表現した。

私生活[編集]

元夫ヴィルフリード・ラガルドとの間に、長男と次男ともうけている[12]。2006年からマルセイユの実業家グザヴィエ・ジョカンティがパートナーである[13]

2013年3月20日、フランス捜査当局はフランス財務相在任中の2007-2008年当時の与党の国民運動連合に近い実業家ベルナール・タピとフランス銀行との損害賠償問題に不正に介入した権力乱用などの疑いが強まったとして、専務理事のパリの自宅を家宅捜索した[14]

著作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Le Nouvel Economiste”. 2011年6月29日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ Christine Lagarde : la plus américaine des Françaises sur Nouvel Économiste.
  3. ^ Bio de Christine Lagarde sur Magazine Gala.
  4. ^ Marie Visot, « Une Française à Washington », Le Figaro, 29 juin 2011, p. 16.
  5. ^ “IMF新トップは元有名シンクロ選手、シャネラー”. ゆかしメディア. (2011年6月29日). http://media.yucasee.jp/posts/index/8113 2012年7月8日閲覧。 
  6. ^ “IMF専務理事「多様性受け入れ人と違う考えを」 慶大で講演”. 日本経済新聞. (2012年7月7日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS07024_X00C12A7NN1000 2012年7月8日閲覧。 
  7. ^ “春秋 2012年7月8日”. 日本経済新聞. (2012年7月8日). http://www.nikkei.com/article/DGXDZO43514360Y2A700C1MM8000 2012年7月8日閲覧。 
  8. ^ « Christine Lagarde: Facing down worldwide recession », entretien avec Lara Logan, 60 Minutes sur CBS, 20 novembre 2011.
  9. ^   Interview de Madame Christine Lagarde par Olivier van Beemen, ELSEVIER, site de l'ambassade de France aux Pays-Bas.
  10. ^ “IMF新専務理事にラガルド仏財務相を選出”. 読売新聞. (2011年6月29日). http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110629-OYT1T00080.htm 2011年6月29日閲覧。 [リンク切れ]
  11. ^ “次期IMF専務理事、仏財務相が最有力”. 読売新聞. (2011年5月21日). http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110521-OYT1T00307.htm 2011年5月22日閲覧。 [リンク切れ]
  12. ^ Jean-Louis Baucarnot, Le tout politique, Éditions L'Archipel, 2011, p. 163, 9782809805666
  13. ^ « Xavier Giocanti, le mari de... Christine Lagarde », Paris Match, 26 juillet 2010.
  14. ^ フランス:IMFトップ宅捜索 財務相時代の職権乱用容疑毎日jp(毎日新聞) 2013年3月20日
公職
先代:
ジョン・リプスキー英語版
(代行)
国際通貨基金専務理事
第11代:2011年7月5日 -
次代:
N/A
先代:
ジャン=ルイ・ボルロー
フランスの旗 フランス共和国
経済・財政・産業大臣

2007年 - 2011年
次代:
フランソワ・バロワン