シェルブール=オクトヴィル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランス > バス・ノルマンディー地域圏 > マンシュ県 > シェルブール=オクトヴィル

Cherbourg-Octeville
Blason ville fr CherbourgOcteville (Manche).svg
Cherbourg.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) バス・ノルマンディー地域圏
(département) マンシュ県
(arrondissement) Arrondissement of Cherbourg-Octeville
小郡 (canton) 3
INSEEコード 50129
郵便番号 50100,50130
市長任期 ジャン=ミシェル・ウルガト
2014年 - 2020年
人口動態
人口 37 754人
2011年
人口密度 2,648人/km²
住民の呼称 Cherbourgeois
地理
座標 北緯49度37分59秒 西経1度37分00秒 / 北緯49.633度 西経1.6167度 / 49.633; -1.6167座標: 北緯49度37分59秒 西経1度37分00秒 / 北緯49.633度 西経1.6167度 / 49.633; -1.6167
標高 平均:15
最低:0 m
最高:139m
面積 市: 14,26km² (1 426ha)
Cherbourg-Octevilleの位置
Cherbourg-Octeville
公式サイト www.ville-cherbourg.fr
テンプレートを表示

シェルブール=オクトヴィル(Cherbourg-Octeville)は、フランス北西部、イギリス海峡に突き出すコタンタン半島先端に位置する港湾都市である。2000年にシェルブールとオクトヴィルが合併し、現在の名称となった。

歴史[編集]

ヴァイキングにより侵略され、コタンタン半島の港として建設が始まった。海軍力の整備に力を入れた国王ルイ16世によって軍港建設が進められ、ナポレオン1世によってさらなる要塞化が行われた。

第二次世界大戦初期におけるフランス侵攻中の1940年6月、降伏の直前にドイツ軍機甲師団によって占領される。1944年連合国によるヨーロッパ侵攻にあたってシェルブール港は兵站上の重要な攻略目標となり、6月6日ノルマンディー上陸作戦に引き続いて激しい攻防戦の舞台となった(シェルブールの戦い)。同年6月末にシェルブールは開放されたが、ドイツ軍は撤退の際に港湾施設を破壊し、その復旧には数ヶ月を要した。

経済[編集]

伝統的に漁業海軍施設関連の従事者が多い。海軍の造船所があり、英仏海峡を管区とするフランス海軍司令部のひとつが置かれている。戦後は原子力関連施設(ラ・アーグ再処理工場メロックスMOX燃料加工工場など)が近隣に進出し経済に大きな割合を占めており、シェルブールはその搬出・搬入港としても機能している。

観光[編集]

  • シェルブール海事博物館
  • リベラシオン博物館 

姉妹都市[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]


外部リンク[編集]