アイルランド国立美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg アイルランド国立美術館
National Gallery of Ireland 2006.jpg
National Gallery of Ireland
施設情報
収蔵作品数 約1万点
開館 1864年
所在地
ダブリン
ウェブサイト 公式ウェブサイト
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

アイルランド国立美術館はアイルランドの首都ダブリンにある美術館。14世紀から20世紀にいたるヨーロッパの絵画や彫刻を収集・展示している。

沿革[編集]

鉄道王であったアイルランド人ウィリアム・ダーガン(w:William Dargan)が1853年5月にダブリンで産業展示会(w:Great Industrial Exhibition (1853))を開催し、その収益とダーガンが所有していた絵画コレクションを元にして1864年、アイルランド国立美術館が開館した。開館時は120作品程の所蔵品であったが、1901年にミルタウン伯爵夫人が約200点の絵画を寄贈するなどし、現在は約1万点を所蔵している。

1990年、失われていたと考えられていたカラヴァッジオの『キリストの捕縛』がダブリン市内のイエズス会の施設で見つかり[1]、アイルランド国立美術館で公開されることになり話題になった。

コレクション[編集]

スペイン[編集]

ディエゴ・ベラスケス『ラ・ムラタ』

フランス[編集]

ニコラ・プッサン『アーキスとガラテア』

イタリア[編集]

フラ・アンジェリコ『火刑を生き延びる聖コスマスとダミアン、その兄弟たち』
カラヴァッジオ『キリストの捕縛』(1602)

ドイツ[編集]

フランドル[編集]

オランダ[編集]

ヨハネス・フェルメール『手紙を書く婦人と召使』(1670年頃)
ハブリエル・メツー『手紙を描く男』

英国・アメリカ[編集]

アイルランド[編集]

ドローイング・水彩[編集]

参照[編集]

  1. ^ Walsh, Elaine. “A Picture Of Mystery”. irishletter.com. 2011年12月6日閲覧。

外部リンク[編集]