ランス美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg ランス美術館
施設情報
正式名称 Musée des Beaux-arts de Reims
所在地
8, rue Chanzy 51 100 Reims
位置 北緯45度15分12秒 東経4度01分51秒 / 北緯45.25333度 東経4.03083度 / 45.25333; 4.03083
ウェブサイト 公式ウェブサイト
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

ランス美術館(Musée des Beaux-arts de Reims)は、フランスランスにある美術館である。

沿革[編集]

シャンパン・メーカーであるポメリー社の経営者であったアンリ・ヴァニエは美術収集家として絵画彫刻ガラス器、家具などを所有していたが、彼の死後に600点を数えるそのコレクションがランス市に遺贈され、それが現在のランス美術館の中心となっている。1913年に開館。

コレクション[編集]

ランス美術館のコレクションは、ロマン主義バルビゾン派写実主義印象派象徴主義自然主義アール・ヌーヴォーなど、19世紀のフランス美術を網羅している。その中には26点の印象派の作品(コロークロード・モネカミーユ・ピサロピエール=オーギュスト・ルノワールなど)、オーギュスト・ロダンカミーユ・クローデルの彫刻、エミール・ガレの工芸品等が含まれる。

また、ルーカス・クラナハによる肖像画作品や、ニコラース・マースダフィット・テニールス (子)などのオランダ絵画、ニコラ・プッサンなどのフランス絵画、ジャック=ルイ・ダヴィッドの『マラーの死』、ウジェーヌ・ドラクロワの『父の呪詛をうけるデスデモーナ』も所蔵している。藤田嗣治モーリス・ドニポール・ゴーギャンピエール・ボナールルイ・マルクーシ英語版など20世紀の画家たちの作品も展示している。

日本にて[編集]

2003年にメルシャン軽井沢美術館にて「ランス美術館 ヴァニエ&ポメリーコレクション」展 が、2004年には奈良県立美術館で「19世紀フランス美術の精華 ランス美術館展」が開催された。

外部リンク[編集]