ジャン・ピカール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Jean-Felix Picard (1620-1682)

ジャン・ピカール(Jean-Felix Picard 、1620年7月21日1682年7月12日)は、フランス天文学者司祭である。1669年に最初の本格的な三角測量を行った最初の人物として知られる。

経歴[編集]

1620年にサルト県のラ・フレシュで生まれた。イエズス会の学校Collège Royal Henry-Le-Grandで学んだ。

1655年にコレージュ・ド・フランスの天文学の教授となった。

1669年に本格的な三角測量を行い、緯度差1度に相当する子午線弧の距離を0.3%程度の精度で測定した(既に1615年にオランダヴィレブロルト・スネルが三角測量を行っているが、その精度は悪く、3%程度の誤差がでていた)。ピカールは望遠鏡つきの経緯儀を使って測量した結果、緯度差1度に相当する子午線弧長を110.5kmと測定した(地球の形状は、回転楕円体に近いため、子午線弧長は観測地点の緯度により実際は異なる。)。この値から地球の半径を計算すると6372kmであり、これは実際の値6357kmに比べて十分高い精度である。

外部リンク[編集]