パウル・ドルーデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パウル・ドルーデ

パウル・カール・ルートヴィヒ・ドルーデ(Paul Karl Ludwig Drude, 1863年7月12日 - 1906年7月5日)はドイツ物理学者である。金属の電気伝導自由電子のモデルを適用したことで知られている。

ブラウンシュヴァイクで物理学者の息子に生まれた。ゲッティンゲン大学フライブルク大学ベルリン大学数学を学ぶが、ヴォルデマール・フォークトの影響によって、物理学に転じた。フォークトの指導のもとで光学を研究した。1894年ライプツィヒ大学の員外教授になった。1900年に電気伝導に関する自由電子モデルによる解析を発表した。1901年から1905年までギーセン大学の教授、1905年にベルリン大学の物理学研究所の所長になった。43歳でベルリンで自殺した。

外部リンク[編集]