原虎胤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
原虎胤
時代 戦国時代
生誕 明応6年(1497年
死没 永禄7年1月28日1564年3月11日
別名 虎種(別名)、鬼美濃、夜叉美濃(渾名)
諡号 清岩
官位 美濃
主君 千葉勝胤武田信虎信玄
北条氏康→武田信玄
氏族 原氏
父母 父:原友胤
横田康景盛胤重胤
娘(初鹿野忠次室)

原 虎胤(はら とらたね)は戦国時代武将。はじめ千葉氏当主千葉勝胤の家臣、後に甲斐国武田氏の家臣で足軽大将。「虎胤」はで、ほかに信知とする記録もある。美濃守、後に剃髪して清岩とす。武田の五名臣の一人。

生涯[編集]

明応6年(1497年)、原友胤の子として生まれる。元は下総国千葉氏重臣である千葉一族原氏の一門。永正14年(1517年)、小弓城合戦にて足利義明軍に敗北。居城である小弓城を奪われ、父・原友胤とともに甲斐に落ち延び武田信虎に仕え、甲斐源氏武田氏の家臣となる。

友胤は信虎の下で功績を挙げ、虎胤も主君・信虎から「虎」の一字を貰い受けて足軽大将として活躍した。大永元年(1521年)の甲斐飯田河原戦では今川軍の福島正成北条綱成の実父、但し別人説あり)を討ち取る功績を挙げる。

信虎追放後は信玄に仕える。一般には武田二十四将の中に数えられる事も多く、また甲陽五名臣としても名があげられていることからすると、当代きっての優れた人物であることがうかがえる(なお、彼の子の康景は甲陽五名臣の一人横田高松の養子となっている)。

小笠原氏との戦いで活躍し、平瀬城の城代を任されるなど重用されていた。天文22年(1553年)、宗旨問題(虎胤は法華宗信者であった)で信玄に浄土宗に改宗するように迫られて拒絶したため、一時期甲斐を追放され、相模北条氏に身を寄せ善得寺の会盟の際に帰参。以後引き続き武田氏の勇将として活躍する。帰参の際も、北条氏康は虎胤に対し惜別の念を表したという。永禄2年(1559年)に信玄が剃髪すると、同じく剃髪して清岩と号した。

永禄4年(1561年信濃国割ヶ嶽城攻略で負傷し、同年に行われた第4次川中島の戦いには参戦せず、以後は第一線を退いている。永禄7年(1564年)1月28日に病死。享年68。

人物[編集]

  • 信虎時代に登用された新参の家臣だけに板垣信方ら国人衆と違い信虎との関係は良好であった。信虎が追放されたときは虎胤は信濃にいたが追放の知らせを受けて急ぎ甲斐に帰国、板垣信方や甘利虎泰に猛抗議したと言われる。
  • 死後、虎胤が称した美濃守の官位を馬場信春が引き継いだことも知られている。「(武名の高かった)鬼美濃に肖るべし」という意味もあった。
  • 武勇名高い猛将で鬼美濃夜叉美濃と渾名されて畏怖されたが、戦場で負傷した敵将を敵陣まで肩を貸して送り届けたと言う逸話も残る情け深い大将でもあった。攻城戦の名手としても名高く虎胤の落とした城は補修が最低限で済んだと言われる。
  • 子孫である現在の原家には信玄から賜ったと伝えられる軍配が400年以上にわたり家宝として受け継がれている。

関連作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]