初鹿野忠次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

初鹿野 忠次(はじかの ただつぐ、天文2年(1533年) - 永禄4年9月10日1561年10月18日))は、は、戦国時代武将甲斐国武田氏の家臣で足軽大将。初鹿野氏は武田氏庶流で甲斐都留郡初鹿野郷を領地とする一族で、上田原の合戦において戦死した初鹿野伝右衛門の子である。父の戦死後、家督を継いだ。通称は源五郎。

略歴[編集]

忠次に関する文書はほとんど残されていないが、永禄4年(1561年)3月に越後の長尾景虎(上杉謙信)が相模北条氏領国へ侵攻した際に武田氏は甲相同盟に基づき援軍を派遣しており、その将として忠次の存在が確認される。

『甲陽軍鑑』に拠れば同年の第四次川中島の戦いにおいて討死したという。忠次の跡は、都留郡の国衆である加藤虎景の子息である加藤弥五郎が初鹿野昌次と名乗り跡を継いだ。忠次には、武田家家臣団の中に縁戚関係を持っていた者がいたらしく、武田家臣馬場信春の甥であるという説や、原虎胤の婿であるという説などさまざまな説が提唱されている。