ソヘイラ・スィッディーキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ソヘイラ・スィッディーキーパシュトー語: سهيلا صديقي、Suhaila Seddiqi、1940年 - )は、アフガニスタンの軍人(軍医)、政治家。医務少将、アフガニスタン軍最初で、唯一の女性将官。暫定政権と移行政権で保健相を務めた。

経歴[編集]

パシュトゥーン人ザーヒル・シャー国王の親戚。アフガニスタン人民民主党党員。

1962年、モスクワの医科大学で学び、1975年、第1モスクワ医科大学で医科科学準博士の学位を取得した。事後、軍事病院で軍医として働く。

  • 1986年1月16日 - 革命会議議員
  • 1986年7月10日 - アフガニスタン人民民主党中央委員会附属党監督委員会委員
  • 1980年代末 - 軍の主任外科医

その後、カーブル中央軍事病院の医師となり、1992年のムジャーヒディーン政権樹立後もそこで働き続けた。

1995年のターリバーン政権樹立後、一時罷免されたが、彼女と姉妹がチャドルを着用しなくても良いという条件で、ターリバーンの下で働くことに同意し、カンダハールの病院の主任医師、カーブル軍事病院の主任医師、院長を務めた。

2001年11月、ボンでの交渉において、保健相として合意される。同年12月、ハーミド・カルザイ暫定政権の保健相。2002年6月、移行政権の保健相。

無党派として知られる。