J・C・R・リックライダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
J・C・R・リックライダー
生誕 1915年3月11日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミズーリ州セントルイス
死没 1990年6月26日(75歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マサチューセッツ州アーリントン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
別名 Joseph Carl Robnett Licklider
Lick
"Computing's Johnny Appleseed"
教育 ワシントン大学 (セントルイス)
ロチェスター大学
著名な実績 人工知能
サイバネティクス
「銀河間コンピュータネットワーク」(インターネット)
テンプレートを表示

ジョゼフ・カール・ロブネット・リックライダー(Joseph Carl Robnett Licklider、1915年3月11日 - 1990年6月26日)は情報工学とコンピュータの歴史上重要な役割を果たした人物[1]J・C・R・リックライダーまたは「リック」と呼ばれる。

現代のコンピュータネットワークについてのコンセプトを作り上げたという点でも重要な人物であり、その分野の開発での彼の役割の重要性が広く認められるようになってきた。単なる計算の道具ではない汎用的な道具としてのコンピュータという観点での開発にも深く関わっており、今日のインターネットに繋がる考察でも有名である。彼は通信におけるコンピュータの重要性と民主主義における大衆への情報伝達の重要性を理解していた。

経歴[編集]

ミズーリ州セントルイスに生まれた[2]。保険外交員の父のもとに生まれ、一人っ子だった。幼いころから工学の才能を見せ、模型飛行機をよく組み立てていた。生涯、自動車いじりを趣味としていた。

セントルイスのワシントン大学で学び、1937年に物理学数学心理学で学士号を取得し、1938年に心理学で修士号を取得した。1942年、ロチェスター大学音響心理学の博士号を得て、1943年から1950年までハーバード大学音響心理学研究所で働いた。

情報技術に興味を持つようになり、1950年にマサチューセッツ工科大学 (MIT) に準教授として移り、そこでリンカーン研究所設立に関与し、工学部の学生向けの心理学プログラムの確立に尽力した。

1957年、Society of Engineering Psychologists から Franklin V. Taylor Award を授与された。1958年、アメリカ音響学会会長に選出された。1990年には Common Wealth Award for Distinguished Service を受賞[3]

1962年10月、リックライダーはアメリカ国防総省国防高等研究計画局 (ARPA)の研究部門IPTO(Information Processing Techniques Office)の部長に任命された。

1963年、彼はARPAの指揮・指令系統の行動科学研究機関の指揮を任されるようになった。同年4月、彼が同僚たちに送ったメモは、当時のソフトウェアでコンピュータのタイムシェアリング・ネットワークを構築しようというかなり時代に先行した挑戦を記していた[4]。最終的にこの彼のビジョンからARPANETが生まれ、今日のインターネットへと発展していった。

1968年、J・C・R・リックライダーはMITProject MAC の責任者となり、電気工学科の教授となった。Project MAC では世界初のタイムシェアリングシステムCTSSを生み出し、世界初のオンラインシステムの1つであるMultics(プロジェクト開始は1964年)を開発した。Multicsがきっかけとなって、1970年にベル研究所ケン・トンプソンデニス・リッチーUNIXオペレーティングシステムを開発することになった。

1985年に引退し、名誉教授となる。1990年、マサチューセッツ州アーリントンで死去[3]

業績[編集]

音響心理学[編集]

音響心理学の分野では、1951年の論文 "Duplex Theory of Pitch Perception" でよく知られており[5]、この論文は数百回も引用された実績がある[6]。1979年には本に再録された[7]音高知覚の現代的モデルの基礎となった論文である[8]

情報技術[編集]

リックライダーは早くから情報技術に興味を持っていた。ヴァネヴァー・ブッシュと同様、J・C・R・リックライダーのインターネットへの貢献は具体的な発明ではなく概念的なものである。彼は簡単なユーザインタフェースを持つネットワーク接続されたコンピュータの必要性を予測していた。

彼が予測したものとしては、グラフィカルな情報処理、ポイント&クリックによるインタフェース、デジタル・ライブラリ、e-コマース、オンライン・バンキング、ネットワーク上に存在して必要に応じて転送されるソフトウェアなどがある。彼は「コンピューティングのジョニー・アップルシード」と呼ばれている。デジタル時代にコンピューティングの種を植えた人物という当然のニックネームである。

リックライダーは、現代のパーソナルコンピュータやインターネットをもたらすことになった研究を考案し、出資し、管理するという役目を果たした。彼の論文 Man-Computer Symbiosis(人間とコンピュータの共生)は対話型コンピューティングを予見したもので、タイムシェアリングシステムとそのアプリケーション開発に早くから尽力した。彼はまたダグラス・エンゲルバートに助言と資金を与え、それによってエンゲルバートはスタンフォード研究所内に Augmentation Research Centerを設立し、有名なNLS(oN-Line System)を開発した。

半自動式防空管制組織 (SAGE)[編集]

SAGE操作端末

彼は冷戦下のプロジェクトであるSAGEの開発に携わった。これは、コンピュータを利用した防空システムを構築するプロジェクトである。SAGEで使用したコンピュータは、データを集めて人間のオペレータに提示し、オペレータが適切な応答を選択するという方式である。1957年、BBNの副社長となり、PDP-1の1号機を購入してタイムシェアリングシステムの公開デモンストレーションを実施した。1958年、リックライダーはアメリカ音響学会の会長に選ばれた。

彼はARPANETを代表とする初期のネットワーキング研究においても発案と資金提供という面で同様の役割を果たした。1968年の論文 The Computer as a Communication Device(通信装置としてのコンピュータ)は、コンピュータネットワークによって位置に依存せずに共通の興味を持つ者が集う協力型コミュニティが生まれることを予測している。

人間とコンピュータの共生[編集]

1960年、リックライダーは有名な論文 Man-Computer Symbiosis人間とコンピュータの共生)を書いた。その中でコンピュータとそのユーザーのより簡単な相互作用の必要性を示した。リックライダーはサイバネティックス人工知能の先駆者であるとされている[9]。しかし他のAIの先駆者とは違い、リックライダーはコンピュータが人間のようになるとは思っていなかった。彼はその論文で次のように述べている。「人は目標を定め、仮説をまとめ、尺度を決め、評価を実行する。計算機械はルーチン化された仕事はするが、それは技術的かつ科学的思考の洞察や決定の材料に過ぎない。」

地球規模のコンピュータネットワーク[編集]

リックライダーは1962年8月、BBNにいたころに地球規模のコンピュータネットワークのアイデアをまとめつつあり、「銀河間コンピュータネットワーク (Intergalactic Computer Network)」を論じた一連のメモを書いている。そのアイデアには今日のインターネットのほとんどあらゆる部分が含まれている。彼の論文 The Computer as a Communication Device(通信装置としてのコンピュータ)は1968年4月 Science and Technology 誌に掲載されたもので、ネットワークについての彼のビジョンを描いていた。

1967年、リックライダーは Carnegie Commission on Educational Television に論文 Televistas: Looking ahead through side windows を送った。これは、テレビを「放送」ではなく、双方向通信ネットワークで利用することを提案したものである。Carnegie Commission は Corporation for Public Broadcasting を創設した。Carnegie Commission の報告書には「リックライダー博士の論文が完成する前に、委員会はその結論を公式化していた」と説明されているが、ジョンソン大統領は1967年の Public Broadcasting Act に署名する際に「したがって我々は知識のための巨大なネットワークを構築する新たな方法を考慮しなければならないと思う。それは単なる放送システムではなく、情報を送信して蓄積し、個人がそれを活用できるものだ」と述べており[10]、リックライダーの論文を踏まえた発言と見られる。

Project MAC[編集]

1962年10月、リックライダーはアメリカ国防総省国防高等研究計画局 (ARPA) の研究部門IPTO (Information Processing Techniques Office) の部長に任命された。彼はその時期にアイバン・サザランドロバート・テイラーローレンス・ロバーツを見出し彼等に網羅的なコンピュータネットワークの重要性を納得させた。IPTOにいた2年間に、リックライダーはMITの Project MAC への資金提供を決めた。Project MAC ではメインフレームに複数のタイプライター端末を接続し、同時に最大30人がコンピュータを利用できるシステムを開発しようとしていた。彼はスタンフォード大学UCLAUCバークレーSystem Development Corporation(いずれもカリフォルニア州)の同様のプロジェクトにも資金提供を決めている。また、スタンフォード研究所ダグラス・エンゲルバート率いる Augmentation Research Center にも資金提供しており、エンゲルバートは後にコンピュータ・マウスを発明している。

著作[編集]

著書:

  • 1942. An Electrical Investigation of Frequency-Localization in the Auditory Cortex of the Cat. Ph.D. Thesis University of Rochester 194.2
  • 1965. Libraries of the future. Cambridge, Mass., M.I.T. Press

主な論文:

脚注・出典[編集]

  1. ^ Waldrop, M. Mitchell (2001). The Dream Machine: J. C. R. Licklider and the Revolution That Made Computing Personal. New York, NY: Viking Penguin. pp. 449. ISBN 0-670-89976-3.  ローバート・テイラーは「我々がゼロックスのPARCで成し遂げた業績など、コンピュータ技術における著しい進歩の多くは、リックのビジョンを単に外挿したものに過ぎない。つまり、それらは真の新規なビジョンではなかった。それら全ての父は実際には彼(リック)である」と記している。
  2. ^ Internet Pioneers: J.C.R. Licklider, retrieved online: 2009-05-19
  3. ^ a b JCR Licklider (1915-1990)
  4. ^ Licklider, J.C.L. "Memorandum For Members and Affiliates of the Intergalactic Computer Network." Washington, DC: April 23, 1963. Accessed July 30, 2009
  5. ^ Licklider, J. C. R. (1951). "A duplex theory of pitch perception." Experientia (Basel) 7, 4, 128–134.
  6. ^ Google Scholar”. 2010年7月8日閲覧。
  7. ^ Earl D. Schubert (1979). Physiological Acoustics. Stroudsburg PA: Dowden, Hutchinson, and Ross, Inc.. 
  8. ^ R. D. Patterson, J. Holdsworth, and M. Allerhand (1992). “Auditory Models as Preprocessors for Speech Recognition”. In Marten Egbertus Hendrik Schouten. The Auditory Processing of Speech: From Sounds to Words. Walter de Gruyter. ISBN 3110135892. http://books.google.com/books?id=X5f-VgTo0fAC&pg=PA73&dq=%22Duplex+Theory%22+%22Pitch+Perception%22++models&as_brr=3&ei=TxwuSLSYDJLKsQP-8q38Ag&sig=AUSrkUiV-7mLrQsrqF4iYKelMqQ#PPA67,M1. 
  9. ^ J.C.R. Licklidder
  10. ^ Remarks of President Lyndon B. Johnson Upon Signing the Public Broadcasting Act of 1967, Corporation for Public Broadcasting

参考文献[編集]

外部リンク[編集]