アストル・ピアソラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アストル・ピアソラ
アストル・ピアソラ、1971年
アストル・ピアソラ、1971年
基本情報
出生名 Astor Pantaleón Piazzolla
出生 1921年3月11日
出身地 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
マル・デル・プラタ
死没 1992年7月4日(満71歳没)
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
ブエノスアイレス
ジャンル タンゴ
職業 バンドネオン奏者、作曲家
担当楽器 バンドネオン
活動期間 1931年 - 1990年
公式サイト www.piazzolla.org

アストル・ピアソラ(Astor Piazzolla, 1921年3月11日 - 1992年7月4日)はアルゼンチン作曲家バンドネオン奏者。タンゴを元にクラシックジャズの要素を融合させた独自の演奏形態を産み出した。

ピアソラの生涯[編集]

少年期からバンドネオン奏者時代[編集]

1921年アルゼンチンマル・デル・プラタにイタリア移民三世(イタリア系アルゼンチン人)の子として生まれる。四歳の時に一家でニューヨークに移住し、15歳までを過ごす。この頃既にジャズに親しんでいたが、当初はバンドネオンやタンゴへの興味は薄かったという。1931年ブロードウェイのラジオ局でバンドネオンのフォルクローレを録音し、以降ステージやラジオなどの演奏を行うようになる。1932年に処女作『42番街に向けて着実に』を作曲している。

アルゼンチンに移住後、父の開いたレストランでバンドネオン、ハーモニカを演奏していたが、1938年にラジオで先鋭タンゴ「エルビーノ・バルダーロ楽団」に感動して初めてタンゴの音楽性を知る。1939年に当時最先端だったトロイロ楽団に参加し、バンドネオン奏者として徐々に頭角を表すようになる。また、1940年から5年間、アルベルト・ヒナステラに師事して音楽理論を学ぶ。

1944年にトロイロ楽団を脱退後、自らの楽団を率いて活動を開始、先鋭的なオーケストラ・タンゴを展開するが同時にタンゴの限界にも行き当たり、楽団を解体した後しばらく裏方活動に徹するようになった。なお古典的なタンゴの作・編曲やクラシック作品の製作はこの頃に集中している。

パリ留学とタンゴ革命[編集]

1954年、タンゴに限界を感じたピアソラはクラシックの作曲家を目指して渡仏し、パリナディア・ブーランジェに師事する。当初自分のタンゴ奏者の経歴を隠していたが、ナディアにタンゴこそがピアソラ音楽の原点であることを指摘され、タンゴ革命の可能性に目覚める。

1955年7月に帰国後、エレキギターを取り入れたブエノスアイレス八重奏団を結成、前衛的な作風に保守的なタンゴファンから猛攻撃を受け「タンゴの破壊者」と罵られるほどだった。命を狙われたこともあったという。結果楽団としては成功せず、いくつかのアルバム録音を残した後に新天地を求めて家族で古巣のニューヨークに移住する。ニューヨークでは歌手の伴奏などを行ったほか、実験的なジャズ・タンゴと称する編成を組んだ。

1959年に父の死に捧げた代表作『アディオス・ノニーノ』を作曲する。翌年帰国後に初演。バンドネオン、ヴァイオリンピアノコントラバス、エレキギターからなる五重奏団を結成し、以後ピアソラの標準的グループ構成となる。

五重奏団以降[編集]

これ以後のピアソラは理想的な音楽編成を求めて数多くの楽団の結成・解体をくり返す。

などである。これらピアソラの楽団に所属することはサッカー王国アルゼンチンでナショナルチームに所属することと同じほどの名誉だったとされる。この間1973年の心臓発作による休養や1988年の心臓バイパス手術など、健康面に不安を見せながら傑作の数々を残している。 1990年パリの自宅で脳溢血により倒れ闘病生活に入る。大統領専用機でアルゼンチンに帰国する。 1992年ブエノスアイレスの病院にて死去。71歳。

ピアソラの音楽[編集]

1970年ごろ

ナディア・ブーランジェはピアソラの原点はあくまでタンゴだと指摘した。しかし、少年時代のニューヨーク生活などの経験から、タンゴ奏者でありながらもタンゴを外から眺める目もまた持っていた。

元来タンゴは踊りのための伴奏音楽であり、強いリズム性とセンチメンタルなメロディをもつ展開の分かりやすい楽曲であった。ピアソラはそこにバロックフーガといったクラシックの構造や、ニューヨーク・ジャズのエッセンスを取り入れることで、強いビートと重厚な音楽構造の上にセンチメンタルなメロディを自由に展開させるという独自の音楽形態を生み出した。これは完全にタンゴの表現を逸脱しており、「踊れないタンゴ」として当初の評判は芳しいものではなかった。一方で、ピアソラの音楽はニューヨークなどのあまりタンゴと関わりを持たない街で評価された。現在では、タンゴの可能性をローカルな音楽から押し広げた功績は、アルゼンチンのみならず国際的に高く評価されている。

ピアソラの音楽は共演者から「二十年先行していた」と評価され、ピアソラ一代で完全に閉じているためにタンゴ全体の未来はピアソラの先にない、という見方がある[要出典]

主要作品[編集]

  • リベルタンゴ - Libertango
  • アディオス・ノニーノ - Adiós Nonino
  • ブエノスアイレスの四季
    • ブエノスアイレスの夏 - Verano Porteño
    • ブエノスアイレスの秋 - Otoño Porteño
    • ブエノスアイレスの冬 - Invierno Porteño
    • ブエノスアイレスの春 - Primavera Porteña
  • プレパレンセ - Prepárense
  • フラカナーパ - Fracanapa
  • ロケベンドラ(来るべきもの) - Lo que vendrá
  • トリウンファル(勝利) - Triunfal
  • 五重奏のためのコンチェルト - Concierto para quinteto
  • バンドネオン協奏曲 - Concerto para Bandoneon
  • ビジュージャ - Biyuya
  • エスクアロ(鮫) - Escualo
  • AA印の悲しみ - tristeza de un doble A
  • タンガータ - Tangata
  • 天使の組曲
    • 天使の導入部 - Introducción al ángel
    • 天使のミロンガ - Milonga del ángel
    • 天使の死 - Muerte del ángel
    • 天使の復活 - Resurrección del ángel
  • 悪魔の組曲
    • 悪魔のタンゴ - Tango del diablo
    • 悪魔のロマンス - Romance del diablo
  • コントラバヘアンド - Contrabajeando
  • コントラバシヒモ - Contrabajismo
  • ブエノスアイレス午前零時 - Buenos Aires hora 0
  • ロコへのバラード - Balada para un Loco
  • チキリン・デ・バチン - Chiquilin de Bachin
  • ブエノスアイレスのマリア - María de Buenos Aires
  • オブリビオン(忘却) - Oblivión
  • タンゴの歴史 - Histoire du Tango
    • I. 売春宿 1900 - Bordel 1900
    • II. カフェ 1930 - Café 1930
    • III. ナイトクラブ 1960 Nightclub 1960
    • IV. 現代のコンサート - Concert d'aujourd'hui
  • 現実との3分間 - Tres minutos con la realidad

参考文献[編集]

  • 小沼純一 『ピアソラ』 河出書房新社、1997年5月 ISBN 4309263135 - 文献あり
  • 斎藤充正 『アストル・ピアソラ闘うタンゴ』 青土社、1998年4月 ISBN 4791756274
  • 斎藤充正、西村秀人編 『200discsピアソラ/タンゴの名盤を聴く』 立風書房、2000年3月 ISBN 4651820441 - 年表あり

外部リンク[編集]