ロベルト・ゴジェネチェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロベルト・ゴジェネチェ
Roberto Goyeneche
Roberto Goyeneche
基本情報
別名 El Polaco
出生 1926年1月29日
出身地 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
ウルディナライン
死没 1994年8月27日(満68歳没)
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
ブエノスアイレス
ジャンル タンゴ
職業 歌手俳優

ロベルト・ゴジェネチェRoberto Goyeneche, 1926年1月29日 - 1994年8月27日)は有名なアルゼンチンタンゴ歌手

生涯[編集]

1926年に、アルゼンチンのウルディナラインに生まれる。

1952年オラシオ・サルガン楽団に入団する。そこでの同僚歌手より『エル・ポラーコ』(El Polaco)すなわち「ポーランド人」というあだ名をいただく。1956年より1963年まで、アニバル・トロイロ楽団に在籍する。その後、アストル・ピアソラ楽団も含め、いくらかのタンゴ楽団での歌を担当する。1983年、パリで行われたタンゴアルヘンティーノのメンバーに選ばれる。1987年には、映画『スール/その先は…愛』にも、台詞が少しある歌手役で出演し、最初の画面で『スール』を歌い[1]マリア』『最後の酔い』を披露している[2][3]

歌の特徴としては、ルバート奏法を結構使うということである。また、晩年は声がしがれてしまうものの、それだけ風格を感じさせてくれるという意見もある。

1994年死去する。68歳であった。

YouTubeにも、ロベルト・コジェネチェの音声が入った動画が、いくつかアップロードされている[1][3]

脚注[編集]

外部リンク[編集]