オラシオ・サルガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オラシオ・サルガン
}
基本情報
出生 1916年6月15日
出身地 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
ブエノスアイレス
ジャンル タンゴ
職業 指揮者ピアニスト作曲家
担当楽器 ピアノ
活動期間 1930年 -

オラシオ・サルガン(Horacio Salgán, 1916年6月15日 - )はアルゼンチン出身で活躍したタンゴ作曲家ピアニスト・タンゴ楽団代表。

経歴[編集]

音楽的環境が行き届いた家庭に生まれ、6歳からピアノを習い13歳では音楽学校での最優秀生徒となり、14歳にピアノ奏者として働く。いろいろなジャンルの曲のソロのピアノ弾きや伴奏をこなしたりしていた。20歳のときには、ロベルト・フィルポ楽団と契約する。同じ頃に、ミゲル・カロー楽団の編曲も担当する。1942年に最初の録音がなされる。また、作曲もこなす。1944年に、自分が代表する楽団の実現となる。1947年にいったん解散となる。

1950年に、オラシオ・サルガン楽団を結成する。1950年代において、不協和音の積極的導入など、新しい発想が波紋を呼び、彼のタンゴについては、聴衆の多数派から「前衛的」との評価を受ける。1960年、キンテート・レアル Quinteto Real を結成する。キンテート・レアルでは、エレキ・ギターを入れるという斬新な発想をとっている。レオポルド・フェデリコも、キンテート・レアルのバンドネオン奏者だったことがある。日本公演も、3回こなしている。1983年タンゴアルヘンティーノにも、オリジナルキャストとして参加している。

オラシオ・サルガンは通算400曲について作曲もしくは編曲に手がけている。

2003年には、「引退を表明した」との情報はある[1]YouTube に、オラシオ・サルガン本人が登場する動画が、いくつか登場している[2][3]。また、2006年のドキュメンタリー映画『アルゼンチンタンゴ伝説のマエストロたち』に、レオポルド・フェデリコやマリアーノ・モーレスらと共に、登場する。

有名な作品[編集]

オラシオ・サルガン作曲

CD[編集]

日本のレコード会社のリリース

  • エル・チョクロ/オラシオ・サルガンの至芸 日本ビクター PHILIPS SFL-7201

脚注[編集]

外部リンク[編集]