アニバル・トロイロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アニパル・トロイロ
}
基本情報
出生 1914年7月11日
出身地 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
ブエノスアイレス
死没 1975年5月18日(満60歳没)
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
ブエノスアイレス
ジャンル タンゴ
職業 指揮者バンドネオン奏者作曲家
担当楽器 バンドネオン
活動期間 1926年 - 1975年

アニバル・トロイロAníbal Troilo, 1914年7月22日 - 1975年5月18日)はアルゼンチンのタンゴの黄金期、1930年代から活躍した作曲家バンドネオン奏者。あだ名は、ピチューコ Pichuco、ゴルド Gordo (デブ)

略歴[編集]

1914年7月11日にて、アルゼンチンのブエノスアイレスに生まれる。

10歳のときに最初のバンドネオンを買ってもらい、11歳のときには楽団でバンドネオンを弾くぐらいの才能を示す。オスバルド・プグリエーセ楽団やファン・ダリエンソ楽団などいくつかのタンゴ楽団でバンドネオンを担当し、1937年に自分の楽団を結成する。

アニバル・トロイロの作曲および編曲は、華麗かつ重厚なメロディーとハーモニーを大切にしていることとされている。フアン・デ・ディオス・フィリベルト作曲の 「バンドネオンの嘆き」 でのトロイロ楽団の凝ったバンドネオン変奏が知られており、トロイロ楽団の定番の曲となっている。アニバル・トロイロ自身が1948年に作曲した「スール」や、1956年に作曲した「最後の酔い」は、タンゴファンにも人気がある。また、歌も重視していて、「マリア」 や 「スール」 の歌入りの録音が今でもタンゴ愛好家にかなりの人気がある。

1975年5月18日に死去する。

アニバル・トロイロ楽団[編集]

アニバル・トロイロ楽団の録音は、かなり多作であり、1975年まで楽団は続いていた。有名な人材を輩出していた。

歌手では、ロベルト・ゴジェネチェ Roberto Goyenecheエドムンド・リベロ Edmundo Rivero がいた。トロイロ楽団の演奏でリベロが歌うタンゴ 「スール」 は、今でもよく聴かれている。

ピアノでは、オルランド・ゴニ Orlando Goñi や、ホセ・バッソ José Basso がいた。

ある日、トト・ロドリゲスというバンドネオン奏者が病欠していたその日に、バンドネオンの腕前をアニバル・トロイロの前で披露して即決でトロイロ楽団に採用になったというアストル・ピアソラ Astor Piazzolla のエピソードは有名である。

作品[編集]

有名な作品

外部リンク[編集]