クロノス・クァルテット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ワシントン州 シアトル、United States
ジャンル 現代音楽
職業 重奏
活動期間 1973年 - 現在
レーベル ノンサッチ/エレクトラ
メンバー
David Harrington
John Sherba
Hank Dutt
Jeffrey Zeigler
旧メンバー
Jim Shallenberger
Tim Killian
Walter Gray
Roy Lewis
Joan Jeanrenaud
Jennifer Culp

{{{Influences}}}

クロノス・クァルテットKronos Quartet)は、アメリカ合衆国弦楽四重奏団1973年にヴァイオリニストのデイヴィッド・ハリントンによって結成され、1978年より現在までサンフランシスコを拠点に活動を続けている。当初は男女混合のアンサンブルだったが、現在は男性のみのアンサンブルに変わっている。

歴代メンバー[編集]

現メンバー[編集]

  • デイヴィッド・ハリントン(ヴァイオリン
  • ジョン・シャーバ(同、創設メンバー)
  • ハンク・ダット(ヴィオラ
  • ジェフリー・ジーグラー(チェロ第3代、2005年~)

旧メンバー[編集]

  • ジョーン・ジャンルナード(チェロ、創設メンバー)
  • ジェニファー・カルプ(チェロ第2代、1999年~)
  • Jim Shallenberger
  • Tim Killian
  • Walter Gray
  • Roy Lewis

「新しい」音楽[編集]

クロノス・クァルテットは現代音楽を専門とし、長い時間に次々と新作の委嘱を重ねてきた。実際にクロノス・クァルテットのために書き下ろされた作品は600曲を下らない。そのうち、アルヴォ・ペルトスティーヴ・ライヒフィリップ・グラステリー・ライリーケヴィン・ヴォランズらによる、いわゆるミニマリズムの音楽も含まれている。

クロノス・クァルテットはアゼルバイジャン出身のフランギス・アリ=ザデーアルゼンチン出身のオスバルド・ゴリホフに至るまで、世界各国の作曲家を取り上げている(ちなみにゴリホフは「キャラバン」などのアルバムにおいてクロノス・クァルテットの編曲者も務めている)。近年は、30歳未満の若手作曲家への委嘱プランに着手している。

音楽の多様性[編集]

クロノス・クァルテットは、さまざまな音楽ジャンルにわたって演奏活動を続けている。実験音楽ばかりでなく、古典派以前のクラシック音楽ラテン・アメリカアフリカ民族音楽ジャズタンゴなどである。また近作の映画音楽も担当している。もともとクロノス四重奏団が名声をつかんだきっかけは、ジミ・ヘンドリックスの「紫のけむり」の編曲版の演奏・録音によってであり、その後もビル・エヴァンズセロニアス・モンクらの作品の編曲を集中的に録音するなど、今なおポピュラー音楽とのクロスオーバーに意欲的である。

また作曲家と協力関係を結ぶだけでなく、世界中のさまざまなアーティストとも共演を続けている。インドの歌手アシャ・ボスレメキシコのロックバンド「カフェ・タクバ」、ルーマニアジプシー楽団「タラフ・ドゥ・ハイドゥークス」、晩年の詩人アレン・ギンズバーグモダン・ジャズ・カルテットデヴィッド・ボウイビョークなどである。作曲家の故・チャールズ・アイヴズとは、その遺産のテープ録音によって「共演」を果たしている。

アメリカ国内のソプラノ歌手、ドーン・アップショーとの共演によるアルバン・ベルクの《抒情組曲》初稿の全曲録音は、2004年グラミー賞室内楽部門最優秀賞に輝いた。

外部リンク[編集]