アントニオ・バッジーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アントニオ・バッジーニ

アントニオ・バッジーニAntonio Bazzini, 1818年3月11日 - 1897年2月10日)はイタリアヴァイオリニスト、作曲家にしてヴァイオリン教師。少年時代にパガニーニの超絶技巧に接して影響を受けた。

晩年はミラノ音楽院カタラーニマスカーニプッチーニなどを教えた。

超絶技巧の作品として知られる『妖精の踊り』のほか、2作のオペラ(『トゥーランドット』と『フランチェスカ・ダ・リミニ』)、6曲の弦楽四重奏曲弦楽六重奏曲を残している。

作品[編集]

  • 交響詩 《フランチェスカ・ダ・リミニ》 Op. 77 (ベルリン、1889/90年)
  • 弦楽四重奏曲 第1番 ハ長調 WoO (1864年)
  • 弦楽四重奏曲 第2番 ニ短調 Op.75 (1877年)
  • 弦楽四重奏曲 第3番 変ホ長調 Op.76 (1878年)
  • 弦楽四重奏曲 第4番 ト長調 Op.79 (1888年)
  • 弦楽四重奏曲 第5番 ト短調 Op.80 (1891年)
  • 弦楽四重奏曲 第6番 ヘ長調 Op.82 (1892年)
  • 弦楽五重奏曲 イ長調 WoO (1866年、チェロ2)
  • ヴァイオリンとピアノのための幻想的スケルツォ 《妖精の踊り (バッジーニ)》 Op.25 (1852年)

外部リンク[編集]