岩崎福三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いわさきふくぞう
岩崎福三
生誕 1925年3月11日
鹿児島県
死没 2012年2月29日(満86歳没)
鹿児島県
出身校 立教大学
職業 実業家
子供 岩崎芳太郎(第3代社長)
テンプレートを表示

岩崎福三(いわさきふくぞう、1925年3月11日 - 2012年2月29日[1])は日本実業家で、鹿児島県に本拠を置く企業集団・岩崎産業会長

人物[編集]

鹿児島県出身。立教大学を卒業。岩崎産業の創業者であった與八郎から同社を引き継ぎ、1981年にその社長に就任[2]

後に息子芳太郎にその役を譲り、同社の会長に就任した[1]

鹿児島商工会議所会頭・名誉会頭[2]指宿市岩崎美術館理事長[3]、鹿児島経済同友会の特別幹事[4]、鹿児島県バス協会の名誉会長[5]、鹿児島日協会の会長[6]なども務めるなど、地元鹿児島県の経済界の主導者として活躍[2]

2005年3月17日には日関係に優れた貢献を行ったとして駐日オーストラリア大使館から賞を贈られている[7]1994年1月17日には、父・與八郎の死去に伴い財団法人・岩崎育英奨学会の理事長に就任[8]

日本随一の富豪であり、フォーブスの調査による世界長者番付において、2004年度のそれで世界第72位の長者に[9]2006年度のそれでは世界第95番目の長者に比定されている。

1人の、1人の息子、4人のを持ち、ジョギングゴルフ趣味とする[2]

文献資料[編集]


先代:
岩崎與八郎
岩崎産業株式会社社長
第2代:1981年-2002年
次代:
岩崎芳太郎