ヴィネンデン銃乱射事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィネンデン銃乱射事件
事件現場
場所 ドイツ連邦共和国バーデン=ヴュルテンベルク州ヴィネンデン
日付 2009年3月11日
標的 教員、生徒、民間人
攻撃手段 銃撃
武器
死亡者 16人(犯人を含む)
犯人 元生徒
動機 不明

ヴィネンデン銃乱射事件2009年3月11日ドイツヴィネンデンで起きた銃撃事件である。この事件では15人が殺害された。犯人は17歳の少年で、自殺している。

事件の経過[編集]

犯人は2009年3月11日9時30分 (CET) 、ヴィネンデン(Winnenden)にある実業中等学校に徒歩で向かい、学校で銃の乱射を行った。この乱射で9人の生徒(男性1人、女性8人)と3人の教師が殺害された[1]。犯人は逃走中に近くの精神科病院で職員1人を射殺した。12時4分、犯人はヴィネンデンで自動車をジャックし、運転手に南へ向かうよう指示し、40 km 離れたヴェンドリンゲン(Wendlingen)へ向かった[1]。自動車は警察の検問を避けようとして衝突事故を起こした[1][2]。犯人は自動車から出て自動車のショールームに入って銃撃し、セールスマンと客の合わせて2人を射殺した。その後、駆けつけた警察隊と銃撃戦となった。警官の銃撃で犯人の足に1発の銃弾が命中した。また、警官2人が負傷している。その後、犯人の遺体が見つかった。警察によれば自殺とみられている[1]

犯人像[編集]

犯人は17歳の少年で、この学校の元生徒であった[1]。裕福な家庭に育ったが孤独でテレビゲームに熱中していた。犯行に用いられた銃は犯人の父親が所有していた15丁の銃のうちの1丁で、自宅に保管されていたものであった[2]。事件のあったバーデン=ヴュルテンベルク州の内務相w:Heribert Rechは事件当日の午前2時45分ごろ (CET) にインターネットのチャットルームで犯行予告とみられるメッセージを投稿していたと述べたが、警察の調査で犯人のコンピュータには書き込みの記録が無いこと、また、アメリカ合衆国のプロバイダへの照会でも書き込みのデータが無かったことから、警察は犯人が書きこみをしたという事実はないとしている[3][4]

事件の影響[編集]

事件後ヨーロッパでは、銃を乱射するという犯行予告のいたずらがインターネット上で相次ぎ、ドイツ、フランスオランダで犯行予告をしたとして合わせて3人が逮捕された。また、スウェーデンでも1人が取調べを受けた[5]

関連項目[編集]

出典[編集]