宮澤章二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

宮澤 章二(みやざわ しょうじ、1919年6月11日[1] - 2005年3月11日)は、日本の詩人作詞家

概要[編集]

埼玉県羽生市出身。東京府立高等学校東京大学文学部美学科卒業。埼玉県立不動岡高等学校の教諭時代に、疎開で加須市に住んでいた作曲家下総皖一と出会ったことから、詩人・作詞家として活動を開始。校歌合唱曲童謡などの作詞を多数手がけた。特に校歌は埼玉県内を中心に300校以上にのぼる。『ジングルベル』の訳詞者としても知られる[2]。日本童謡賞、赤い鳥文学賞特別賞、埼玉県文化賞、埼玉県文化功労賞知事表彰などを受賞。大宮市教育委員長も務めた[3]

詩『行為の意味』の一節、「思いは見えないけれど、思いやりは見える」が、ACジャパン2010年度キャンペーンCMに使用された[4]

2013年、母校の羽生市立三田ケ谷小学校に記念館が開設された[4]

校歌作詞校[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]

関連書籍[編集]

  •  タウン誌 Acoreおおみや NO.6 掲載 「光と風の中で 詩人の魂 宮澤章二」(2010年)電子BOOK 

外部リンク[編集]