秩序と正義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 リトアニアの政党
秩序と正義

Tvarka ir teisingumas
創立 2002年03月09日 (2002-03-09)[1]
本部 ヴィリニュス
党員・党友数 14,000 (the end of 2010)[2]
政治的思想 国民保守主義[3]
Liberal conservatism[4]
右派ポピュリズム[5]
EU懐疑主義[6]
政治的立場 右翼[6][7]
欧州連携 Movement for a Europe of Liberties and Democracy
欧州議会会派 自由と民主主義のヨーロッパ
公式カラー イエロー、ブルー
国会
11 / 141
欧州議会
2 / 12
自治体議会
155 / 1,526
公式サイト
http://www.ldp.lt
リトアニアの政治
政党一覧
選挙

秩序と正義リトアニア語: Tvarka ir teisingumas)は、リトアニア国民保守主義政党。設立は2002年。旧称自由民主党Liberalų Demokratų Partija)。党首はヴァレンティナス・マズーロニス。党のテーマカラーは黄色と青。

党の歴史と綱領[編集]

秩序と正義の前身、自由民主党2002年ロランダス・パクサスらによって設立された。パクサスは自身の経験を生かして、それまでの腐敗し非効率的であった既存政党に対抗するために新政党を設立したといわれる。新政党は既存政党を強く批判することを基本としており、新政党はこれまでの政党に不満を持っていた人々からの共感を得た。こうした状況から、ただ批判を繰り返すだけで具体的政策や政治思想に欠けるともいわれる。1991年に政党規制がなくなって以来リトアニアでは様々な政治思想にもとづく政党が数多く設立されていたため、こうした新しい形の党が発足するということは考えにくいことであった。

こうした具体的政策の欠如という弱点は、新たに設立された他の政党からすぐ批判されることになる。また既存政党からも、自由民主党がポピュリズム的で、ナチズムナショナリズムに通じるものだとの非難が起こるようになる。多くの既存政党は、程度の差はあったものの秩序と正義に対する批判を行い、行政側からも批判されることもあった。こうした批判はパクサスが2003年大統領選挙に勝利してからよりいっそう強くなった。多くの公務員はパクサス大統領には従わない態度を示すようになったが、多くのパクサス支援者はこうした行為は違法行為に該当するものと考えた。自由民主党は、党がこのような状況から清き政治に反する既存の制限や汚職を続ける支配層などに立ち向かう政党として面目を施すようになった、と主張する。しかしこうした中、パクサス大統領は弾劾されることとなる。

2006年5月13日の党大会で、党は存続の危機に瀕していることを認めるとともに、リトアニア国民が汚職や権力の乱用に立ち向かう必要があるとし、党名をそれまでの自由民主党から秩序と正義に改めた。ただし改名の公式な理由は、他の4政党が自由民主党と同様に「自由」という単語を用いており混乱をきたすから、というものであったが、一部の党員は、党が2002年の設立時以上に保守的になったことを反映したものである、と非公式ながら理由を述べている。

党首[編集]

選挙結果[編集]

大統領選挙[編集]

2002年-2003年大統領選挙

パクサス党首が立候補。第1回投票では得票率 19.66 % で第2位。アダムクス候補との決選投票では、得票率 54.9 % で逆転当選を果たした。

議会選挙[編集]

2004年議会選挙

議会全141議席中11議席を獲得(政党連合「秩序と正義のために」(Už tvarką ir teisingumą)として)。

2008年議会選挙

議会全141議席中15議席を獲得(得票率 12.69 %)。

2012年議会選挙

議会全141議席中11議席を獲得(得票率 7.31%)

地方選挙[編集]

2007年地方選挙

パクサスの弾劾の影響が懸念されていたものの、ヴィリニュス市議会全議席の3分の1を獲得し、ヴィリニュス市長に党所属のユオザス・インブラサスが選出されるなど善戦。全国計1,550ある議席のうち181議席を獲得した。[8]

2011年地方選挙

1526議席中155議席を獲得した。

欧州議会選挙[編集]

2004年欧州議会選挙

リトアニアの割当13議席中1議席を獲得。

脚注[編集]

  1. ^ Krupavicius, Algis (December 2003). “Lithuania”. European Journal of Political Research 42 (7–8): 1010–20. doi:10.1111/j.0304-4130.2003.00128.x. 
  2. ^ Daugiausiai nario mokesčio surinko socdemai - 643 tūkst. Lt
  3. ^ Nordsieck, Wolfram, “Lithuania”, Parties and Elections in Europe, http://www.parties-and-elections.eu/lithuania.html 2012年9月1日閲覧。 
  4. ^ Krupavicius, Algis (December 2006). “Lithuania”. European Journal of Political Research 45 (7–8): 1166–81. doi:10.1111/j.1475-6765.2006.00673.x. 
  5. ^ Balcere, Ilze (2011), Comparing Populist Political Parties in the Baltic States and Western Europe, European Consortium for Political Research, pp. 5–6, http://www.ecprnet.eu/MyECPR/proposals/reykjavik/uploads/papers/1071.pdf 
  6. ^ a b Ivaldi, Gilles (2011), “The Populist Radical Right in European Elections 1979–2009”, The Extreme Right in Europe: Current Trends and Perspectives (Vandenhoeck & Ruprecht): p. 19 
  7. ^ Jurkynas, Mindaugas (2012), “Lithuania”, Life in Post-Communist Eastern Europe After EU Membership (Routledge): p. 123 
  8. ^ Aneta Piasecka. "Lithuania." Freedom House. Nations in Transit 2008: Democratization from Central Europe to Eurasia. Rowman & Littlefield, 2008. p.363. ISBN 978-0932088635

外部リンク[編集]