ポーランド・リトアニア合同

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポーランド・リトアニア合同を顕彰する絵画、1861年。には「永遠の結合」と記されている。
Polish-Lithuanian Commonwealth (orthographic projection).svg

ポーランド・リトアニア連合ポーランド語:Unia polsko-litewska)は、1569年のポーランド・リトアニア共和国(二民族の共和国)創設までに、ポーランド王国リトアニア大公国が長期にわたって繰り返していた一連の法令による諸同盟を指す。1791年、共和国が5月3日憲法によって短命ながら統一国家へと移行した際も、合同に数えられる。

主な合同は以下の通り。

関連項目[編集]