ヴィータウタス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィータウタス

ヴィータウタスリトアニア語Vytautasヴィータウタス1352年 - 1430年10月27日、在位1401年 - 1430年)は、リトアニア大公国大公である。ケーストゥティスの子にあたる。

概要[編集]

父が従兄弟のヨガイラ(後のポーランドヴワディスワフ2世)と大公の地位をめぐって敗れて殺されると、プロイセン亡命する。その後、1383年にヨガイラと和睦して帰国した。キプチャク・ハン国(ジョチ・ウルス)の内戦に際しては、トクタミシュを支持し、彼のグループと同盟関係を結んだ。

1385年にヨガイラがポーランド王として即位すると、実質的にリトアニアの統治を任され、バルト海黒海方面に勢力を拡大した。1401年、ヴワディスワフ2世から正式にリトアニア大公の位を譲られて即位する。その後はポーランド・リトアニア連合としてドイツ騎士団に対抗し、1410年にはタンネンベルクの戦いで勝利を収めた。その結果、直後のホロドウォ合同において、ポーランドとリトアニア国家は一層緊密な関係を築くことになった。他方で、娘のソフィアモスクワ大公ヴァシーリー1世に嫁がせ、その息子ヴァシーリー2世の岳父としてモスクワ大公国の政治に大きな影響力を及ぼしたことも知られる。1430年、79歳で死去。彼の死後、リトアニアはポーランド王国に組み込まれてゆくこととなった。

各国語での表記[編集]

ヨガイラに捕われたヴィータウタスと父ケーストゥティス

名前の表記や読み方は、各国語によって異なる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 但し、しばしば長音を無視してヴィタウタスと書かれる。
  2. ^ 原語では、主格において「ヴィートルト」のように発音される。
  3. ^ 原語発音は「ヴィータフト」のようになる。
  4. ^ 原語発音にはぶれがあるが、標準的には「ヴィートウト」と表される。

関連項目[編集]

先代:
ヨガイラ
リトアニア大公
1401 - 1430
次代:
シュヴィトリガイラ