ヤヴーヌティス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヤヴーヌティス(Jaunutis、文字通りに「若者」を意味する;洗礼名イオアンヨハネあるいはイヴァン1300年 - 1366年後)は父のゲディミナスが死んだ1341年から兄のアルギルダスケーストゥティスによって廃位された1345年までリトアニア大公に就いていた人物である。

ゲディミナスがなぜ長子でないヤヴーヌティスを己の後継者に選んだのかについては多くの憶測がある。ある人はヤヴーヌティスはゲディミナスの息子の内、異教徒(アルギルダス、ケーストゥティス)と正教徒ナリマンタスカリヨタスリュバルタス)間の妥協の後継と主張している[1] 。別の人は、ヤヴーヌティスはゲディミナスの2番目の妻(この図式でいくと、ゲディミナスは異教徒と正教との娘と2回結婚したことになる[2] )の長男と主張している。ゲディミナスの死以前にはヤヴーヌティスは資料にはあまり言及されていない.[3]

ヤヴーヌティスの統治はごく僅かしか知られていない。その期間はドイツ騎士団ルドルフ・ケーニヒの無能さが幸いして全くの平和であった[3]。彼の兄弟達はより積極的であった。アルギルダスプスコフを守りつつ、リヴォニア騎士団モジャイスクを攻撃した。ケーストゥティスはハールィチ・ヴォルィーニ継承戦争でリュバルタスを助けた[1]ブィホヴィエツ年代記はヤヴーヌティスはヤヴナという女性(ゲディミナスの妻で、その息子達の母と思われる)から補助してもらったことが言及されている。ヤヴナはヤヴーヌティスが公位を失ってから直後の1344年に死んでいる。もし本当にヤヴーヌティスが母親から補助を受けていたとするとしたら、異教の母親から影響を受けていた興味深い例となる[3] 。しかしながら、より具体的な刺激となったのは、1345年のドイツ騎士団によって計画された大規模な「旅」(という名の十字軍遠征)だったらしい。ヤヴーヌティスはナリマンタスから支援を受けていたが、彼はジョチ・ウルスジャーニー・ベクの許へ、アルギルダスとケーストゥティスと戦うための同盟を申し込むために赴いている。ヤヴーヌティスはヴィリニュスに投獄されたが、脱出することに成功して義兄弟であるモスクワ大公セミョーンの許に亡命した。この際にイオアンという洗礼名を受けているが、援助を得ることには失敗した(ヤヴーヌティスの姉妹でセミョーンの妃であるアイグスタが同年に死んだからかもしれない)[4] 。ヤヴーヌティスとナリマンタスはアルギルダスと和解した。ヤヴーヌティスはザスラウエ公になった。

ヤヴーヌティスは1366年頃に死んだと推定される。最後に言及されたのが1366年のポーランドとの条約であり、1367年リヴォニアとの条約には言及されていないからである[2]。ヤヴーヌティスにはシメオナス・ザスラフスカスミカイラス・ザスラフスカスという2人の息子がいた。ミカイラスは1399年8月12日に死去するまでにザスラウエを統治した。

脚注[編集]

  1. ^ a b Kiaupa, Zigmantas; Jūratė Kiaupienė, Albinas Kunevičius (2000) [1995]. The History of Lithuania Before 1795 (English ed.). Vilnius: Lithuanian Institute of History. p. 118. ISBN 9986-810-13-2. 
  2. ^ a b Simas Sužiedėlis, ed (1970-1978). “Jaunutis”. Encyclopedia Lituanica. II. Boston, Massachusetts: Juozas Kapočius. pp. 516. LCC 74-114275. 
  3. ^ a b c Rowell, C. S. (1994). Lithuania Ascending: A Pagan Empire Within East-Central Europe, 1295-1345. Cambridge Studies in Medieval Life and Thought: Fourth Series. Cambridge University Press. pp. 280–287. ISBN 9780521450119. 
  4. ^ Rowell, S. C. (Spring 1994). “Pious Princesses or Daughters of Belial: Pagan Lithuanian Dynastic Diplomacy, 1279–1423”. Medieval Prosopography 15 (1): 40. ISSN 0198-9405. 

関連項目[編集]

先代:
ゲディミナス
リトアニア大公
1341 - 1345
次代:
アルギルダス