ラトビアの大統領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラトビアの大統領(ラトビアのだいとうりょう)はラトビア共和国元首およびラトビア共和国軍最高司令官である。主として儀礼上の役職であり、行政権は政府が行使する。議会によって選出され、任期は4年(1997年以前は3年)。選出された大統領は首相を任命する。これまで、Gustavs Zemgals(第2代)、ヴァルディス・ザトレルス(第7代)を除く全ての大統領は2期務めている。大統領が不在の場合はラトビア議会議長がその責務を負う。例えば、ラトビアがソビエト連邦から独立を回復した直後は、Anatolijs Gorbunovsが臨時大統領となった。

歴代大統領の一覧[編集]

氏名 就任 辞任 政党
1 Jānis Čakste Janis Cakste.jpg 1922年11月14日 1927年3月14日 民主中央党
2 Gustavs Zemgals Gustavs Zemgals on Latvia Stamp.jpg 1927年8月4日 1930年9月4日 民主中央党
3 Alberts Kviesis Alberts Kviesis - Latvia Stamp.jpg 1930年9月4日 1936年11月4日 ラトビア農民連合
4 カルリス・ウルマニス英語版
クーデター後に就任)
Latvia stamp K.Ulmanis 2001 15l.jpg 1936年11月4日 1940年7月21日 ラトビア農民連合
ラトビア・ソビエト社会主義共和国1940年 - 1991年
5 グンティス・ウルマニス英語版 Guntis Ulmanis 1998.jpg 1993年7月8日 1999年7月8日 ラトビア農民連合
6 ヴァイラ・ヴィーチェ=フレイベルガ Vaira Vike-Freiberga-13062007.jpg 1999年7月8日 2007年7月8日 無所属
7 ヴァルディス・ザトレルス Zatlers.jpg 2007年7月8日 2011年7月8日 無所属
8 アンドリス・ベールジンシュ Flickr - Saeima - 10.Saeimas deputāts Andris Bērziņš (ievēlēts no Vidzemes apgabala).jpg 2011年7月8日 (現職) 緑と農民連合