リトアニア臨時政府

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リトアニア臨時政府リトアニア語: Laikinoji Vyriausybė)は、1941年ソヴィエト連邦占領期の終わりからナチス・ドイツ占領期の始め数週間にかけて存在した、リトアニアの独立を目指して活動した臨時政府である。1941年4月22日に秘密裏に結成され、6月23日に宣言、8月5日に解散した[1]カウナスヴィリニュスリトアニア行動戦線 (LAF) のメンバーも臨時政府に加わった。

歴史[編集]

1941年6月22日、ナチス・ドイツがソ連への侵攻を開始(詳細はバルバロッサ作戦を参照)するとともにリトアニアでも蜂起が起きたが、臨時政府はその蜂起の初期、6月22日に宣言された。しかし、臨時政府の首相になると見られていたリトアニア行動戦線のリーダーのカジース・シュキルパは当時ドイツにいた(元・駐ドイツ・リトアニア大使で、その後もドイツにとどまっていた)。彼はリトアニアの主権回復を望んでいたが、ナチスにとってリトアニアは将来ドイツ領の一部となるべき場所であったため、ドイツがリトアニアの独立を支援することはなかった。カジース・シュキルパはドイツを離れてリトアニアに戻ることを許されず、自宅軟禁されていた。もう一人の首相候補であったラポラス・スキピティスも当時ベルリンにいて、ベルリンを離れることは許されていなかった。

臨時政府における人材不足は深刻で、例えば元国防相のヴィータウタス・ブルヴィチュース6月2日にソ連軍に逮捕されており、国防相には代わりにスタシース・ラシュティキス将軍が就いた。1941年6月21日(ドイツ軍侵攻開始の前日)、臨時政府のメンバー4人がソヴィエト当局に逮捕された。逮捕されたのは、ヴラダス・ナセヴィチュースヴィータウタス・スタトクスヨナス・マシリューナスヨナス・ヴァイナウスカスの4人で、彼らはモスクワの刑務所に収容された。彼らに対する裁判は11月26日に行われ(当時のリトアニアはまだナチス・ドイツ占領下)、28日に刑が言い渡された。ブルヴィチュースは死刑、マシリューナス、ナセヴィチュース、スタトクスはシベリア送りとされた。

臨時政府は蜂起が終焉を迎えるとともに実権を握ったものの、その後ナチスによる支配が始まり臨時政府も解散した。

内閣[編集]

臨時政府における内閣人員は次のとおり。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ (リトアニア語) Jegelevičius, Sigitas (11 June 2004). “1941 m. Lietuvos laikinosios vyriausybės atsiradimo aplinkybės”. Voruta 11 (557). ISSN 1392-0677. オリジナルの2004年8月26日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20040826213015/http://www.is.lt/voruta/article.php?article=604.