リトアニア共産党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リトアニア共産党中央委員会があった建物。現在はデパートとなっている。

リトアニア共産党リトアニア語: Lietuvos komunistų partija(略称: LKP)、ロシア語: Коммунистическая партия Литвы)は、リトアニアに存在した共産主義政党

歴史[編集]

党員数[1]
党員数
1930年 650人
1936年 1,942人
1940年 1,741人
1941年 4,620人
1945年 3,540人
1950年 27,800人
1955年 35,500人
1960年 54,300人
1965年 86,400人
1970年 116,600人
1975年 140,200人
1980年 165,800人

1918年10月初め、リトアニア共産党はヴィンツァス・ミツケヴィチュス=カプスカスらによって設立された。その後1926年12月、リトアニア当局によって党活動が禁止され[2]1940年にリトアニアがソヴィエト連邦に編入されるまで活動は違法とされた。

1940年、リトアニア共産党はソヴィエト連邦共産党と合併することとなり、リトアニア共産党はリトアニア地域の下位組織に位置づけられた。リトアニア・ソヴィエト社会主義共和国(リトアニアSSR)が建国されると、リトアニア共産党第一書記にはアンタナス・スニエチュクスが就任した。リトアニアSSRにおいては共産党第一書記が事実上の国のトップであった。また、党の第二書記には常にモスクワが指名したロシア人が就任した。

1989年、リトアニアでソヴィエトに対する抗議運動(「歌の革命」)が起こる中、リトアニア共産党はソヴィエト共産党からの独立を宣言。1990年にリトアニアがソ連からの独立回復を宣言し、リトアニア共産党もリトアニア民主労働党へと改組された。なお、リトアニア民主労働党は、のちにリトアニア社会民主党と合併している。

リトアニア共産党の中でリトアニア民主労働党に与しなかった者たちはミコラス・ブロケヴィチュスの下、1990年から91年までリトアニア共産党に残留。しかし1991年、共産党の活動は独立リトアニアの当局により禁止されることとなった。しかし活動が違法とされている現在でもゲンナジー・ジュガーノフの率いる共産党連合=ソヴィエト連邦共産党に加盟している。

リトアニア共産党第一書記[編集]

リトアニア共産党第二書記[編集]

  • Icikas Meskupas-Adomas(1941年2月9日 – 1942年3月13日)
  • Vladas Niunka(1944年4月 – 1944年12月30日)
  • Alexander Isachenko(1944年12月30日 – 1946年11月24日)
  • Alexander Trofimov(1946年11月24日 – 1952年9月22日)
  • Vasily Aronov(1952年9月25日 – 1953年6月11日)
  • Motejus Šumauskas(1954年2月 – 1956年1月24日)
  • Boris Sharkov(1956年1月28日 – 1961年9月27日)
  • Boris Popov(1961年9月30日 – 1967年4月13日)
  • Valery Khazarov(1967年4月13日 – 1978年12月10日)
  • Nikolay Dubenko(1978年12月11日 – 1986年9月17日)
  • Nikolay Mitkin(1988年9月17日 – 1988年12月9日)
  • Vladimir Beryozov(1988年12月9日 – 1990年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Misiunas, Romuald J.; Rein Taagepera (1993). The Baltic States: Years of Dependence 1940–1990 (expanded ed.). University of California Press. pp. 359–360. ISBN 0-520-08228-1. 
  2. ^ Nordost-Archiv: Joachim Tauber: Das Memelgebiet (1919-1944) in der deutschen und litauischen Historiographie nach 1945