プロシア公領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Brandenburg Wappen.svg
Preußischer Adler (1871-1914).svg

ブランデンブルクとプロイセンの歴史
ノルトマルク
先史-12世紀
プルーセン
先史-13世紀
ブランデンブルク辺境伯
1157–1618 (1806)
ドイツ騎士団国
1224–1525
プロシア公領プロイセン公国
1525–1618(1525-1701)
ポーランド王領プロシア
1466–1772
ブランデンブルク=プロイセン
1618–1701
プロイセン王国
1701–1772
プロイセン王国
1772–1918
プロイセン州
1918–1947
ブランデンブルク州
1947–1952 / 1990–現在

プロシア公領ポーランド語:Prusy Książęce, ドイツ語:Herzogtum Preußen)は、近世ヨーロッパに存在した地域区分。ポーランド及びドイツの歴史的な支配領域の一つ。概ねプロイセン公国を構成する領域。

概要[編集]

騎士修道会であったドイツ騎士団領東プロシア地方に1525年に成立したホーエンツォレルン家ルター派プロテスタントの世俗公領である。首都はケーニヒスベルク(ポーランド語:クルレヴィェツ、現在のカリーニングラード)。公家が2代で絶えた後、1618年よりブランデンブルク選帝侯のホーエンツォレルン家宗家の同君連合下に入る(ブランデンブルク=プロイセン)。ポーランド・スウェーデン戦争の講和条約である1660年オリヴァ協定によってポーランド・リトアニア共和国から正式に独立し、プロイセン公国(英語:Duchy of Prussia)となった。

ポーランド王領プロシアとは異なるので注意を要する。ポーランド王領プロシア(英語:Royal Prussia)はポーランド王国の領土であり、プロシア公領(英語:Ducal Prussia)はポーランド王国を宗主国としたポーランド王国の属領で、公はポーランド王に仕える封臣である。

ヤン・マテイコ「プロシアによる臣従の礼」
1525年、ポーランド王ジグムント1世の前にひざまずき臣従の礼を行うプロシア公アルブレヒト


関連項目[編集]