アルブレヒト (プロイセン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1522年頃のアルブレヒト
プロイセン公アルブレヒト(ルーカス・クラナッハ作、1533年)

アルブレヒト・フォン・ブランデンブルク=アンスバッハ(Albrecht von Brandenburg-Ansbach, 1490年5月16日 - 1568年3月20日)は、ドイツ騎士団の総長(在位:1510年 - 1525年)、後に初代プロイセン(在位:1525年 - 1568年)。ブランデンブルク選帝侯アルブレヒト・アヒレスの四男であるアンスバッハ辺境伯及びクルムバッハ辺境伯フリードリヒと、ポーランド王カジミェシュ4世の娘ゾフィアの間の三男で、クルムバッハ辺境伯カジミール、アンスバッハ辺境伯ゲオルクの弟である。

1510年、ドイツ騎士団総長フリードリヒ・フォン・ザクセンが死去すると、時のポーランド王ジグムント1世の甥であることから、新たな総長に選ばれた。

1523年に支配下の騎士と共にルター派に改宗した。そして1525年、ドイツ騎士団国家に代えて、ホーエンツォレルン家が世襲する世俗の領邦であるプロイセン公国をポーランド王国の宗主権下に創設し、初代プロイセン公となった。

子女[編集]

1526年デンマークノルウェーの王フレゼリク1世の娘ドロテア(en)と結婚した。

1550年ブラウンシュヴァイク=カレンベルク侯エーリヒ1世の娘アンナ・マリアと再婚。

先代:
新設
プロイセン公
1525年 - 1568年
次代:
アルブレヒト・フリードリヒ
先代:
フリードリヒ・フォン・ザクセン
ドイツ騎士団総長
1510年 - 1525年
次代:
ヴァルター・フォン・クロンベルク