フリードリヒ2世 (ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フリードリヒ2世(Friedrich II., 1460年5月8日アンスバッハ - 1536年4月4日、アンスバッハ)は、ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯(在位:1486年 - 1515年)、ブランデンブルク=クルムバッハ辺境伯(在位:1495年 - 1515年)。フリードリヒ老伯(Friedrich der Ältere)と呼ばれ、またフリードリヒ5世とする文献もある。ブランデンブルク選帝侯アルブレヒト・アヒレスと後妻のザクセン選帝侯フリードリヒ2世の娘アンナとの一番上の息子で、成人したアルブレヒト・アヒレスの息子の中では2番目に年長となる人物。ヨハン・ツィーツェロの弟、ジークムントの兄。

1486年にブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯となり、1495年に弟のジークムントの死を承けてブランデンブルク=クルムバッハ辺境伯を兼ねた。しかし、その浪費癖から1515年に長男のカジミールによって退位させられ、13年間にわたりクルムバッハのプラッセンブルクに幽閉された。1527年のカジミールの死により解放され、1536年に没した。

1497年からゲッツ・フォン・ベルリヒンゲンが騎士修行のために仕えていた。ゲッツは1500年にアンスバッハから去った後、ランツフート継承戦争で右腕を失い、義手を付けて鉄腕ゲッツとして名を馳せていく。

子供[編集]

1479年2月14日にフランクフルト・アン・デア・オーダーで、ポーランド王カジミェシュ4世の娘ゾフィアと結婚した。彼らの子供は、以下の通り。

外部リンク[編集]

先代:
アルブレヒト・アヒレス
ブランデンブルク=
アンスバッハ辺境伯
1486年 - 1515年
次代:
ゲオルク
先代:
ジークムント
ブランデンブルク=
クルムバッハ辺境伯
1495年 - 1515年
次代:
カジミール