ハインリヒ1世 (ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハインリヒ1世ドイツ語:Heinrich I., 1463年6月14日 - 1514年6月23日)は、ブラウンシュヴァイク=リューネブルクの1人で、ヴォルフェンビュッテル(在位:1503年 - 1514年)。カレンベルクゲッティンゲン及びヴォルフェンビュッテル侯ヴィルヘルム2世とその妻エリーザベト・ツー・シュトルベルクの長男。カレンベルク=ゲッティンゲン侯エーリヒ1世の兄。

1491年に父が引退すると、ハインリヒ1世は弟のエーリヒ1世と共同でヴォルフェンビュッテルなどの領国を支配した。1494年、兄弟は領国を分割し、ハインリヒ1世はブラウンシュヴァイクヴォルフェンビュッテルを中心とする領国の東部を手に入れた。

1492年より、ハインリヒ1世は貢納金を払わなかった事を罰する為、ブラウンシュヴァイク市を1年半にわたって包囲した。この包囲は結局、両者の妥協に終わった。1501年、長男のクリストフ補佐司教を務めるブレーメン大司教区をフリースラントが脅した為、フリースラントを攻撃したものの、遠征は失敗に終わった。1511年、ハインリヒ1世は同じブラウンシュヴァイク=リューネブルク家の人々と共に、ブラウンシュヴァイク=リューネブルクを封建上の主君と認めないホーヤ伯領を征服した。

1514年に2度目のフリースラント遠征に出向いた時、レーロルト城を包囲中に流れ弾が頭に貫通して死亡した。

子女[編集]

1486年、ポンメルン=ヴォルガスト公エーリヒ2世の娘カタリーナと結婚し、9人の子女を儲けた。

爵位・家督
先代:
ヴィルヘルム2世
ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル
1503年 - 1514年
次代:
ハインリヒ2世