フリースラント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
歴史上、灰色に着色した部分がフリースラント。
現在は斜線を入れた部分でフリスク語が話される

フリースラントオランダ語: Frieslandドイツ語: Friesland)は、オランダドイツ北海沿岸の地方名。沖合にあるフリースラント諸島を含む。

固有の言語であるフリスク語ではフリスラン (Fryslân)。ほか、フリジア (英語: Frisia)、フリスラント (デンマーク語: Frisland)。ただし、古代アナトリアトルコ)のフリジア (Phrygia) との混同に注意。

地域区分[編集]

全体は次の3つの地方に分けられる

西フリースラント
オランダの旗 オランダ南ホラント州北ホラント州の一部、フリースラント州およびフローニンゲン州
東フリースラント
ドイツの旗 ドイツニーダーザクセン州の一部
北フリースラント
ドイツの旗 ドイツシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州の一部

地勢[編集]

フリースラント諸島は北海の海岸に沿って断続的に連なり、上記3地方に属す西・東・北の3諸島に分けられる。これらによって北海から隔てられた海域(広大な干潟も含む)をワッデン海と呼ぶ。

歴史[編集]

古くはゲルマン人の一部族フリース人が住んだ。現在のフリース人も固有のフリスク語を用いており、一部ではこれを公用語としている。これは隣接する低地ドイツ語オランダ語とは異なり、系統的には英語に近い。