タルゴヴィツァ連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1794年のワルシャワ蜂起の際、「絞首」のうえ「火刑」に処せられるタルゴヴィツァ連盟の指導者たちの肖像画、ヤン・ピョトル・ノルブリン

タルゴヴィツァ連盟ポーランド語: Konfederacja targowicka)は、ロシア女帝エカチェリーナ2世の支持を受けたポーランド・リトアニア共和国マグナート(大貴族)たちが、1792年4月27日にサンクトペテルブルクにおいて結成した連盟。連盟は1791年に4年議会の制定した5月3日憲法に反対しており、特に貴族の諸特権を制限する事項に反発していた。連盟の決起文書はロシア帝国の将軍ヴァシーリー・ポポフ、および陸軍元帥グリゴリー・ポチョムキン公爵によって起草された。連盟の声明は1792年5月14日、ウクライナ地方のタルゴヴィツァで出された。その4日後、ロシア軍は正式な宣戦布告をしないままポーランド・リトアニア共和国内に侵攻した。

ロシア軍と共闘するタルゴヴィツァ連盟軍は、ロシア・ポーランド戦争においてセイム(共和国議会)と国王スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキを支持する共和国軍を打ち破った。結果として、国王は連盟に加入することを余儀なくされた。この勝利は第2次ポーランド分割を引き起こし、そして共和国を最終的に消滅させる、1795年の第3次ポーランド分割を準備させることになった。連盟の目標の大部分が達成され、全てが旧体制に回帰したうえ、5月3日憲法も廃止された。

この同盟に参加した人々に付けられた「タルゴヴィチャニン(targowiczanin、タルゴヴィツァ人)」という渾名は、その後のポーランドの政治において「愚かな売国奴」を意味するネガティヴな蔑称として使われるようになり、現在でも使用されている。

指導者[編集]