グリゴリー・ポチョムキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グリゴリー・ポチョムキン

グリゴリー・アレクサンドロヴィチ・ポチョムキンロシア語: Григорий Александрович Потёмкин1739年9月13日グレゴリオ暦9月24日) - 1791年10月5日(グレゴリオ暦10月16日))は、ロシア帝国軍人政治家タヴリダ公爵で、ポチョムキン=タヴリーチェスキー公爵と呼ばれる。帝国秘密参議会参事官、軍法会議副議長、陸軍首席大将にして南部ロシア総督(クリミア総督)。エカチェリーナ2世の愛人。

生涯[編集]

1739年生まれ。1762年、ピョートル3世を廃位した宮廷クーデターに、23歳で近衛連隊の一員として参加した。36歳の時に10歳年上のエカチェリーナ2世と結ばれ、生涯唯一の真実の夫と言うべき存在となり、私生活のみならず、政治家・軍人としても女帝の不可欠のパートナーとなった。

1773年に発生した大規模な農民の反乱プガチョフの乱」では鎮圧に活躍した。2人は極秘裏に結婚していた、エカチェリーナ46歳の時に2人の間には実娘エリザヴェータ・チョムキナが産まれたなどの説があり、かなり信憑性のある史料からもそういう事実があったであろうことが窺えるが、真相は今も研究中である。2人に男女の関係がなくなった後も「妻と夫」であり続け、エカチェリーナの男性の趣味を知り尽くしたポチョムキンが、選りすぐった愛人を女帝の閨房に送り込んでいたという。

1779年、オスマン帝国アイナリ・カヴァク条約を結んだ後、ロシア軍はクリミア汗国から撤退。すると翌年には反乱が勃発して親ロシアのハーンであるシャヒンが追い出された。この為、経済的利害の関係する層をクリミア・ハン国から避難させた後、1782年エカチェリーナ2世はポチョムキンにまたも内乱の鎮圧を命令し、ポチョムキンはクリミアに侵攻し、再びシャヒンをハーンの位につけた。シャヒンは先の反乱の加担者に対する断罪を主張し、このままではいずれまた内乱が勃発すると判断したポチョムキンは、ここに到ってペテルブルクに赴き、エカチェリーナ2世にクリミアの直接統治を進言。彼女も決断を下し、1783年4月、クリミア併合が宣言された。

エカチェリーナは、ポチョムキンを旧クリミア・ハン国地域の県知事に任命し、黒海北部沿岸およびクリミアの開発を行なわせた。ポチョムキンはクリミアをロシアの膨張政策の突端とすべくセヴァストーポリ要塞を築き、黒海艦隊を設立する。これに抗議したオスマン帝国との間で1787年、またも露土戦争が起ってしまった。

そのためポチョムキンが海軍元帥と陸軍元帥を兼ね、彼の元に実際の指揮はスヴォーロフがとり、1788年、オスマン帝国側のオチャーコフウクライナ語版要塞を包囲する(オチャーコフ攻囲戦英語版)。

このとき、フランス王国と同盟関係を結んでいたスウェーデン軍がフィンランドに上陸し、ロシア帝国とスウェーデン王国は戦闘状態に突入した(フィンランド戦争)。スウェーデンは、オスマン帝国との直接の同盟関係はなかったが、露土戦争に便乗し、攻勢に出る。

オスマンとスウェーデン、二方面からの敵を抱えることの不利を考慮したエカチェリーナは、スウェーデンと休戦に入ることになり、プロイセンイギリスの仲介で停戦。

こうして一方での戦争を終わらせたのち、トルコ戦線では戦いは有利に進み、スヴォーロフがイズマイルを陥落させ、1791年、ヤッシーの講和において黒海北部沿岸の完全ロシア領化に成功した。この新しくロシア帝国領に編入された地域を、エカチェリーナ2世はノヴォロシア県という行政単位とし、総督にポチョムキンを任命した。

このクリミアの成長ぶりを視察するため、ポチョムキンの演出でエカチェリーナは1787年にクリミア視察旅行に出かけた。その時、ポチョムキンの命令で街道沿いにエカチェリーナ一行を歓迎するため、装飾を施した。伝えられる所によると、厚い紙に美しい村の風景を描き入れ、女帝の船が通る河岸の堤防に設けておき、豊かな村であるかのように見せかけ、女帝が通りすぎた後は、大急ぎで絵を下流に移したという。それ以降、みすぼらしかったり、恥ずかしいところを隠すための「見せかけ」を意味する「ポチョムキン村」という言葉が生じるようになった。 もっとも、このような言い伝えは誇大なものであり、女帝を歓迎するために街や村に装飾を行ったのは事実だが、それは周知のものであり貧困をごまかす意図は無かったとされる。実際、クリミアは肥沃な地であり貧困をごまかす必要などなく、ポチョムキンの尽力により、今なお黒海沿岸の主要都市であるオデッサニコラーエフヘルソンなどが建設され、現実に順調に発展していた。

しかし、エカチェリーナ最晩年の寵臣プラトン・ズーボフは老齢の女帝の寵愛を良いことに、ポチョムキンの立場をも脅かすほどの影響力を持つようになった。1791年、任地に赴く道中で倒れ、女帝に先立って病死した。52歳。晩年は女帝から軽んじられるようになり、失意のうちに世を去ったと言われるが、彼の訃報に接した女帝は「夫」の死を深く嘆き悲しんだ。

関連項目[編集]

関連作品[編集]

外部リンク[編集]