市場価格

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

市場価格(しじょうかかく)とは、サービスが実際に市場取引されている価格を表す経済的概念である。ミクロ経済学でよく用いられる。

その他の価値を表す指標[編集]

市場価格は取引の金銭価値を決定する多くの数値の一種である。他の数値として、取得原価、財やサービスの資源コスト割引現在価値経済価値などがあげられる。

古典的経済学[編集]

実際には多くの二次因子、とりわけ生産者と潜在的購買者の市場情報の利用可能性が、市場価格に影響する。 古典的経済学においては、財やサービスの市場価格は需要供給の逆相関によって決定されることになっている。すなわち、供給が増えれば価格が下降し、減れば上昇し、需要が増えれば上昇し、減れば下降する、というものである。