ヴィーツェプスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィーツェプスク
Ві́цебск
市街風景
市街風景
位置
ヴィーツェプスクの位置の位置図
ヴィーツェプスクの位置
座標 : 北緯55度11分 東経30度10分 / 北緯55.183度 東経30.167度 / 55.183; 30.167
歴史
建設 974年
1929年
行政
ベラルーシの旗 ベラルーシ
  ヴィーツェプスク州の旗 ヴィーツェプスク州
 地区 ヴィーツェプスク地区
 市 ヴィーツェプスク
地理
面積  
  市域 91,81 km2
標高 125 - 204 m
人口
人口 (2013年現在)
  市域 369,543人人
    人口密度   3,597人人/km2
その他
等時帯 FET (UTC+3)
郵便番号 2100xx
市外局番 +375 212
ナンバープレート 2
旧市庁舎

ヴィーツェプスク[1]ベラルーシ語:Ві́цебск)は、ベラルーシ都市である。ポーランド語ロシア語ではヴィテプスクWitebskВи́тебск)と呼ばれる[2]ロシアおよびラトビアとの国境に近い。ヴィーツェプスク州の州都で、人口は369,543人(2013年)。

歴史[編集]

ヴィーツェプスクについての現存する最古の記録は1021年にさかのぼる。都市の公式の建立年は974年で、キエフ大公オリガの命により、クリヴィチ族の古い入植地のあった場所に建設された。

1320年リトアニア大公国に帰属。1569年ポーランド・リトアニア共和国領となった。1579年マクデブルク法における特許を得た。1772年、第1次ポーランド分割によってロシア帝国領となった。

帝政期にはユダヤ人コミュニティであるシュテットルが発達し、市の人口の半分は保守系ユダヤ人となった。

ロシア革命後、ベラルーシ人民共和国の一部となった時期を経て、1923年から1991年までソビエト連邦に属した。ベラルーシ共和国が独立すると、ヴィーツェプスクもその一部となった。

文化[編集]

1992年より芸術祭「ヴィーツェプスク・スラヴャンスキー・バザール」が開催されている。ウクライナやロシアからも参加者が集う国際的な芸術祭として知られている。

著名な出身者[編集]

姉妹都市[編集]

双子都市(Гарады-пабрацімы)[編集]

友好都市(Гарады-партнёры)[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ヴィツェプスクとも。
  2. ^ ロシア語名については、ヴィチェプスクとも表記される。
  3. ^ Яна Максимова: "Вверю в успех"” (ロシア語). Витьбичи (2010年5月13日). 2011年9月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月10日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]