ナヴァフルダク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Navahrudak 2006.jpg
Coat of Arms of Navahrudak, Belarus.png

ナヴァフルダクベラルーシ語: Навагрудакロシア語: Новогрудок ノヴォグルドクポーランド語: Nowogródek ノヴォグルデクリトアニア語: Naugardukas ナウガルドゥカス)は、ベラルーシフロドナ州の都市。2004年時点の人口は30,803人。

歴史[編集]

ナヴァフルダクの存在が記されたのは1044年ヤロスラフ1世とリトアニア人部族との争いについて書かれた年代記においてである。1252年のイパチー写本(en)において、新たな小さな町を意味する「ノヴォゴロドク」(Novogorodok)の名が現れた。町はクリヴィチ族10世紀後半にキエフ大公国の支配下に入る)の領土西部の遠隔地にあった。

13世紀、リトアニア王ミンダウガスによってリトアニア王国(のちのリトアニア大公国)領となった[1][2][3][4][5][6][7]1569年ルブリン合同以降はポーランド・リトアニア共和国の一部となっている。その後1795年、第三次ポーランド分割によってロシア帝国領のグロドノ県(グベールニヤのひとつ)に含まれた。1817年の町の人口は1,600人で、その45%はユダヤ人、35%はポーランド人、20%はタタール人が占めていた。第二次世界大戦まで、ナヴァフルダクにはモスクがあった。

第一次世界大戦中の1915年から1918年まではドイツ軍に占領されていた。その後ポーランド軍に占領され、ポーランド・ソビエト戦争中には赤軍に占領されていた。ポーランド・ソビエト・リガ平和条約によってポーランド領となり、ノヴォグルデク県の中心地となった。

1939年、ソビエトが侵攻、占領し、白ロシア・ソビエト社会主義共和国に編入された。1941年6月22日ナチス・ドイツがソ連への攻撃を開始、7月4日にはドイツがナヴァフルダクを占領している。その後再びソ連がこの地域を占領し、破壊された施設も戦後すぐに復旧された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ D. Antanavičius, D. Baronas etc. Mindaugo knyga: istorijos šaltiniai apie Lietuvos karalių. Vilnius, 2005. pp.63-93
  2. ^ K Steponaitis. Mindaugas ir Vakarai : vokiečių militarinių ordinų veikla ir Mindaugo santykiai su Roma.p 68.
  3. ^ J. Geddie. The Russian Empire: Historical and Descriptive. P.102
  4. ^ J. Phillips. The Medieval Expansion of Europe. p. 78
  5. ^ Mindaugas, the King of Lithuania
  6. ^ T. Baranauskas. Lietuvos karalystei – 750 (Kingdom of Lithuania -750)'.2001
  7. ^ E. Raczynski. Codex diplomaticus Lithuaniae e codicibus manuscriptis in Archivio secreto Regiomontano asservatis
Eastern-Europe-map2.png この「ナヴァフルダク」は、東ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 東ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ
アゼルバイジャン アルバニア アルメニア ウクライナ キプロス ギリシャ グルジア クロアチア セルビア トルコ ブルガリア ベラルーシ ボスニア・ヘルツェゴビナ マケドニア モルドバ モンテネグロ ルーマニア ロシア