ベルナルド・モランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ベルナルド・モランド(またはベルナルディーノ・モランディ、Bernardo Morando、1540年?- 1600年) は、ポーランドで活躍したイタリア人建築家都市計画家。ルネッサンス式の街の理想的な理論において同時代の建築作家として注目され、ポーランドの新都ザモシチを設計した人物。

生涯[編集]

生まれは1540年に、パドヴァやヴェネツィアいずれかの都市とされ、1569年には建築家としてポーランドに移住し仕事を開始。1578年には、ポーランド・リトアニア共和国の宰相にして、陸軍の最高司令官でもあったヤン・ザモイスキという富豪貴族から、要塞理想都市建設プロジェクト契約を交わす。ポーランドの富豪貴族エリート階級は、ルネッサンスのためにお金をつぎ込んでを残し楽しんだが、また新たな方法を離れて王室財務の把握から多額の財産を投資を見つけることに意欲をみせた。 ザモイスキとグレートクラウン首相とヘーチマンらの土地は2を指すとその金満のポーランド共和国内に11都市6400キロ200の村で監理する王室の土地に加えて、112の都市と612の村で17,500平方キロメートル以上におよんだ。ザモイスキの土地は国として国内に機能し、彼は注文も彼のミニ国家の首都としての在職王室関税と義務を回避するには、ザモシチの町を建設することを決めた。

さらに計画準備から1586年まで、モランド都市だけでなく、ルブリン門、アーセナルとザモイスキの宮殿 などの著名な施設も担当した。1587年から1594年まで代表作の市庁舎や教会を担当し、ルネッサンス建築を彼の地にもたらした。これらは1598年、モランドの死2年前に完成した。モランドはザモシチに今日も残る主要な建物のすべてを設計し、ザモイスキの夢を実現させた。ザモシチでは他に中産階級のための住宅を建設監督、アカデミーと数多くの教会が建てられた。

ザモシチが注目すべきは、星型理想都市を模した要塞でその後非常に発展し、26あった空き地は11年後には残っていなかった。モランドはこの他ザモシチ市内から離れて、ウクライナの町トマシュフルベルスキと Szarogrod  ポジーリャなど要塞型の小さな2つの建設準備計画を立案している。

ザモシチはその後国連の世界遺産リストに1992年に追加され、ヨーロッパにおける最も貴重な都市に数えられている。

参考文献[編集]

  • ポーランドの建築・デザイン史 工芸復興からモダニズムへ デイヴィッド・クラウリー著, 井口壽乃, 菅靖子:訳 彩流社 ISBN978-4-7791-1160-0(4-7791-1160-9) C0070