ノーマン・デイヴィス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノーマン・デイヴィス
2004年、ワルシャワにて

ノーマン・デイヴィス(Ivor Norman Richard Davies、1939年7月8日 - )は、イギリス歴史学者。専門は、ヨーロッパ史、ポーランド史、イギリス史。

ランカシャー(現グレーター・マンチェスターボルトン生まれ。 オックスフォード大学モードリン・カレッジでA・J・P・テイラーの下で学ぶ。フランスイタリアポーランドヤギェウォ大学留学を経て、ポーランド・ソ連戦争に関する研究で博士号取得。ロンドン大学スラブ・東欧学研究所教授を経て、現在、オックスフォード大学ウォルフソン・カレッジ・フェロー。

ポーランド国外におけるポーランド史の大家として知られ、特に英語で書かれたポーランド通史の大著 God's Playground: A History of Poland (『神の遊技場』)は世界中でロングセラーとなっている(日本語訳はない)。

著書[編集]

単著[編集]

  • White Eagle, Red Star: the Polish-Soviet War, 1919-20, (Macdonald and Co., 1972).
  • Poland, Past and Present: A Select Bibliography of Works in English, (Oriental Research Partners, 1977).
  • God's Playground: A History of Poland, 2 vols., (Clarendon Press, 1981).
  • Heart of Europe: A Short History of Poland, (Clarendon Press, 1984).
  • Europe: A History, (Oxford University Press, 1996).
別宮貞徳訳『ヨーロッパ(1-4)』(共同通信社, 2000年)
  • The Isles: A History, (Macmillan, 1999).
別宮貞徳訳『アイルズ―西の島の歴史』(共同通信社, 2006年)
  • Rising '44: 'the Battle for Warsaw', (Macmillan, 2003).
『ワルシャワ蜂起1944―悲劇の戦い』、上下巻、染谷徹訳、白水社、2012年

共著[編集]

  • Microcosm: Portrait of a Central European City, (Jonathan Cape, 2002).

共編著[編集]

  • Jews in Eastern Poland and the USSR, 1939-46, co-edited with Anthony Polonsky, (Macmillan, 1991).