アゾフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アゾフの紋章

アゾフロシア語:Азовアゾーフ;Azov)はロシア連邦南部・ロストフ州の都市。ドン川沿いにあり、アゾフ海までは約6kmと近い。2002年における人口は81,700人。

歴史[編集]

紀元前1千年紀にはスキタイ文化の勢力圏に入っていた。紀元前3世紀頃、ボスポロス王国からきたギリシャ人は、ドン川の河口が交易上の重要な土地であったため、ここに殖民都市タナイスロシア語版英語版古代ギリシア語: Τάναϊς、「川」の意) をつくった。数世紀後にミトリダテス戦争が起こり、紀元前63年ボスポロス王国ローマ帝国の宗主下に入り、ボスポロス王国ポレモ1世英語版(在位: 紀元前14年 - 紀元前8年)によって居住地は焼かれた。その後、ギリシア人の入植者たちは再建に成功したが、西暦3世紀にゴート人によって滅ぼされた(なお、タナイス(現在Nedvigovka村近辺)は、19世紀中頃から発掘が進められている)。

5世紀頃、フンの王デンキジック英語版宗主下のAkatziroi国の王Karadachが居住し始めた。6世紀頃、東ローマ帝国と、突厥宗主下のハザールが進出し、ビザンチン・サーサーン戦争英語版第三次ペルソ・テュルク戦争英語版を行なった。7世紀の中頃、西突厥が衰退してハザール・カガン国が独立し、アラブ・ハザール戦争英語版642年 - 799年)を行なった。

10世紀ハザール・カガン国が衰退し、この地域はスラヴ人トムタラカン公国(Tmutarakan)領になる。

1067年には、キプチャクがこの地域を支配し、地名をアザク(azak、「低地」の意)に変える。現在のアゾフの地名はここから来ている。13世紀から14世紀にかけてはジョチ・ウルスがこの地を支配したが、ヴェネツィアジェノヴァの商人たちは許可を得て、ターナという植民都市(現代のアゾフに位置する)をつくり、そこに定住した。

アゾフの要塞

1471年オスマン帝国の侵攻によりターナ(アゾフ)は占領され、テュルク人はアゾフに要塞を建造した。 1637年の夏、ドン・コサックは4,000人の兵士と200の大砲を用いて、要塞を攻め占領した。ドン・コサックは5年間そこを保持していたが、1641年夏より強大なオスマン軍が要塞を包囲、オスマン軍は要塞を陥落させることができず翌1642年に撤退した。オスマン軍の撤退後、トルコとの全面戦争を危惧するロシアツァーリミハイル・ロマノフは全国会議(ゼムスキー・ソボル)を召集し、要塞をトルコに引き渡すことを決定した。ドン・コサックは、要塞の防御設備を破壊した後に退去した。

その後、クリミア・ハン国に打撃を与えるために、ミハイル・ロマノフの孫でツァーリのピョートル1世(大帝)が大トルコ戦争に乗じてアゾフの再占領を開始した(アゾフ遠征ロシア語版英語版)。1695年の攻撃は失敗したものの、1696年に要塞を再占領した。しかし、大北方戦争最中の1711年にピョートル1世はプルート川の戦いでオスマン軍に包囲され、解囲の交渉の際にアゾフ要塞のトルコへの返還に同意した(プルト条約)。

第一次露土戦争におけるロシア帝国の勝利により、キュチュク・カイナルジャ条約(クチュク・カイナルジ条約)が結ばれ、アゾフはロシア領となった。