ヴワディスワフ・レイモント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
{{{2}}}
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1924年
受賞部門:ノーベル文学賞
受賞理由:

ヴワディスワフ・レイモントWładysław Stanisław Reymont1867年5月7日 - 1925年12月5日)はポーランド小説家1924年ノーベル文学賞受賞。

人物[編集]

ポーランドのコビェレ・ヴィェルキェ (enの農村でオルガン弾きの息子として生まれた。幼少より演劇に熱中し、定職につくことなくポーランド中を放浪した。1895年に発表したルポタージュヤスナ・グラへの巡礼』で自身の持つ文学的才能を評価され、小説家としての地位を確立する。

四季折々のポーランド農民の生活をつぶさに描いた作品『農民』で国内だけでなく国際的な評価も得て、1924年、ノーベル文学賞を受賞した。

現在、ポーランドのウッチには、彼にちなんだ「ウッチ・ヴワディスワフ・レイモント空港」という名の空港がある。

主な作品[編集]

  • 『出会い』(1879年)
  • 『ヤスナ・グラへの巡礼』 (pl(1895年)
  • 『喜劇女優』 (pl(1896年)
  • 『酵母』(1897年)
  • 『約束の地』 (en(1899年)
  • 『農民』 (en(1902年 - 1909年)
  • 歴史三部作(1913年 - 1918年)
    • 『ポーランド士族共和国の最後の議会』
    • 『ニル・デスペランドゥム』
    • 『蜂起』

関連項目[編集]