クヌート・ハムスン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クヌート・ハムスン、1939年
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1920年
受賞部門:ノーベル文学賞
受賞理由:

クヌート・ハムスンKnut Hamsun, 1859年8月4日 - 1952年2月19日)は、ノルウェー小説家。1920年に作品『土の恵み』でノーベル文学賞を受賞した。

生涯[編集]

クヌート・ハムスンはノルウェーのオップラン県クヌード・ペーダーシェン(Knud Pedersen)として生まれた。彼はペダル・ペーダーシェンとトラ・オルスダッテル夫妻の4番目の息子であった。彼はノルドランド郡のハマロイで貧困の中成長した。彼は17歳で縄職人の徒弟となり、同じ頃に小説の執筆を始めた。その後数年間をアメリカで、様々な仕事をしながら旅して過ごした。1889年にはその経験に基づく印象を『Fra det moderne Amerikas Aandsliv 』として出版している。1898年にハムスンはベルグリオット・ゴップフェルトと結婚したが、1906年に離婚している。その後1909年にマリー・アンデルセンと結婚し、生涯を共に過ごした。彼女は結婚生活を二編の回想録として残している。ハムスンと出会ったとき、マリーは若くて有望な女優であった。しかし彼女は女優をやめ、ハムスンと共にハマロイへ移り住んだ。彼らは農場を購入し、農業を行いながら小説の収入で生活しようとした。しかしながら数年後に彼らは南のラルヴィクに移り住む。1918年になると、彼らはリルサンドとグリムスターの間のノルホルムに古く多少荒廃した屋敷を購入した。屋敷は修復、再装飾され、ハムスンはここで執筆に没頭することができた。彼はその後もしばしば執筆のための旅行を行った。

クヌート・ハムスンは1952年にノルホルムの自宅で死去した。

主な作品[編集]

  • 飢え Sult(1890年) - 挿絵をフォティス・コントグルーが制作
  • 牧神 Pan(1894年)
  • ヴィクトリア Victoria. En kjærlighedshistorie(1898年)
  • 夢みる人々 Sværmere(1904年)
  • 土の恵み Markens Grøde(1917年)

外部リンク[編集]