ワルシャワ中央駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワルシャワ中央駅
駅舎(2007年7月28日)
駅舎(2007年7月28日)
Warszawa Centralna
所在地 ポーランドの旗マゾフシェ県ワルシャワ
所属事業者 ポーランド国鉄(PKP)
格付 Aランク
駅構造 地上駅
ホーム 4面8線
開業年月日 1975年
乗入路線 2 路線
所属路線 1号線
キロ程 0.000km(ワルシャワ中央起点)
(3.082km) ワルシャワ西
所属路線 2号線
キロ程 0.000km(ワルシャワ中央起点)
(3.908km) ワルシャワ東
ワルシャワ中央駅の位置

ワルシャワ中央駅(わるしゃわちゅうおうえき、Warszawa Centralna)はポーランドの首都ワルシャワにある鉄道駅ドイツウクライナベラルーシロシアなどへと至る国際列車が発着する。

2005年ポーランド国鉄が制定した国内鉄道駅格付では、Aランク駅である。

概要[編集]

1975年、アルセニウシュ・ロマノヴィッチの設計で現在の駅舎が完成した。

ワルシャワ中央駅は地下鉄(地下鉄1号線)とは連絡はしていないが、バス、トラム、各近郊鉄道(ワルシャワ都市高速鉄道(SKM)社、マゾフシェ鉄道(KM)社、ワルシャワ通勤鉄道(WKD)社の、旧国営3社)との接続は良い。

国際列車によってドイツのベルリン、ロシアのモスクワなどと結ばれている。グダンスクカトヴィツェクラクフなどの主要都市を結ぶICも発着する。ワルシャワからクラクフの間に高速新線が開通したため、両都市間の移動は約3時間と便利になった。

駅構造[編集]

共産党政権下の各国でみられる建築様式である。大きな駅舎だが、乗車ホームは地階にあり、駅の1階と2階には切符売り場や様々な店がある。有人の切符売り場は混雑することが多く、切符購入には時間を要する。地階のホームは4本で、8番線まである。

改修工事[編集]

設備の老朽化に伴い、ワルシャワ中央駅は大規模な改修工事期間に入る。工期は2012年春まで。近代的設備や明るい照明を持つ、基点駅にふさわしい内装となる予定。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

ポーランド国鉄
1号線
ワルシャワ中央駅 - ワルシャワ西駅
2号線
ワルシャワ中央駅 - ワルシャワ東駅

外部リンク[編集]