アンドラ・ラ・ベリャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンドラ・ラ・ベリャ
Andorra la Vella


紋章
座標: 北緯42度30分 東経1度30分 / 北緯42.500度 東経1.500度 / 42.500; 1.500
アンドラの旗 アンドラ
面積
 - 計 30km2 (11.6mi2)
標高 1,023m (3,356ft)
人口 (2007年)
 - 計 24,574人
 - 人口密度 762.8人/km² (1,975.6人/mi²)
郵便番号 AD500
ウェブサイト [1]

アンドラ・ラ・ベリャカタルーニャ語Andorra la Vella)は、アンドラ公国首都。 アンドラの南西部に位置し、地名はカタルーニャ語で「古いアンドラ」を意味する。

首都アンドラ・ラ・ベリャ[編集]

歴史[編集]

新石器時代から人が住んでいた跡がある。アンドラは、イベリア半島ムーア人との緩衝地帯として8世紀カール大帝によって設置されたスペイン辺境領の一つになる。1287年以来のフランスおよびカタルーニャウルヘル司教の共同統治の時代から、アンドラ・ラ・ベリャはアンドラの中心都市として機能していた。共同大公の制度のため、アンドラは独自性を保ち続けた。20世紀、アンドラ・ラ・ベリャは忘れられた地域であった。アンドラ自体、ヴェルサイユ条約でも言及されないような存在だった。1993年、アンドラは初の憲法を制定、ウルヘル司教とフランス大統領を共同元首とする議会制民主主義を敷き、正式に独立国家となり、アンドラ・ラ・ベリャはその首都となる。2010年冬季オリンピック開催都市に立候補するも、最終選考に残らなかった。

地勢[編集]

フランススペインの国境地帯に聳えるピレネー山脈に位置するアンドラ公国の南西部にある。標高は1,409m。ヨーロッパの首都としては最高地点である。ケッペンの気候区分では温帯に属するが、スキーリゾートとしても名高い。

交通[編集]

少ない人口と山地という地形で、首都ではあるが空港は無い。最も近い空港は、トゥールーズ・ブラニャック国際空港ジローナ・コスタブラバ空港ペルピニャン・リヴサルト空港バルセロナ・エル・プラット国際空港などで、車で3時間は要する。鉄道の駅も無い。バスはフランス側のL'HOSPITALET PRES L'ANDORREやバルセロナ・エル・プラット国際空港行きの便がある。

人口[編集]

  • アンドラ人 33%
  • スペイン人 43%
  • ポルトガル人 11%
  • フランス人 7%

公用語はカタルーニャ語である。ローマ・カトリック教会の信者が大半である。

経済[編集]

アンドラ・ラ・ベリャは、公国の商工業の中心地である。家具の製造やブランデーで名高い。GDPの80%は観光業が生み出す。アンドラ・ラ・ベリャを訪れる外国人観光客は年間1,000万人にのぼる。タックス・ヘイヴンのために銀行業も盛んであり、多くの外国の金融機関が進出している。EUには加盟していないが、EUと関税協定を結び、使用通貨もユーロである。

文化[編集]

姉妹都市[編集]

出身著名人[編集]

アンドラ・ラ・ベリャ教区[編集]

アンドラ・ラ・ベリャ教区
位置
アンドラ・ラ・ベリャ教区 の位置図
地理
面積  
  教区域 12 km2
人口
人口 2014年現在)
  教区域 22,546人
    人口密度   1,878人/km2

アンドラ・ラ・ベリャ教区は、教区の1つで、最も面積が狭い一方、首都アンドラ・ラ・ベリャを擁し最も人口の多い教区である。教区内のサンタ・コロマにはアンドラ国内でも最古の教会の1つである、ロマネスク様式のサンタ・コロマ教会がある。

なお、アンドラ・ラ・ベリャ市とは面積は一致せず、教区の方が小さいという奇妙なものとなっている。

歴史[編集]

839年ラ・セウ・ドゥルジェイの教会献堂式の記録では「アンドラおよびサンタ・コロマ」の教区名で記録されている。1978年、この教区を分割する形でアスカルダズ=アングルダーニ教区が作られた。

主な市町村[編集]

  • アンドラ・ラ・ベリャ - 人口 20,648人(2005年)
  • サンタ・コロマ(Santa Coloma)- 人口 2,939人(2005年)

外部リンク[編集]

ギャラリー[編集]