ニャチャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニャチャン
Thành phố Nha Trang
城舖芽莊
ベトナムの旗
ニャチャン・ビーチ
ニャチャン・ビーチ
座標 : 北緯12度15分 東経109度11分 / 北緯12.250度 東経109.183度 / 12.250; 109.183
行政
ベトナムの旗 ベトナム
 省 カインホア省
ニャチャン
地理
面積  
  域 251 km2
人口
人口 (2005現在)
  域 350,375人
その他
等時帯 UTC/GMT +7
ロンソン寺英語版の大仏

ニャチャンナトラン、または、ナトラングNha Trang芽莊?)はベトナム南部、カインホア省Tỉnh Khánh Hoà省慶和?)の省都。面積251km2、人口350,375人(2005年)。

地理[編集]

風光明媚なビーチや島々があり、リゾート地としても有名である。ホーチミン市から北東へ約450km。

歴史と発音[編集]

チャンパ王国時代には良質の漁港としてにぎわっていた。フランス領インドシナ時代には、フランス系の政府の要人用のリゾートとして開発された。現代のベトナム語での正しい発音は、ベトナム語発音: [ɲaː˧ ʈʂaːŋ˧] ( 聞く)(ニャチャン)だが、1940年代日本軍が進駐していた時代にはナトランと呼ばれていた。ベトナム戦争時代にはアメリカ軍の軍港があり、激戦地となった。当時の英語発音の影響から、アメリカ人にはナトラングとも呼ばれた。ベトナム戦後はソ連の海軍基地となったカムラン湾がある。その後、社会主義政府の高級官僚用のリゾートとなる。ドイモイ経済改革により、外資企業による観光開発が盛んになり、現在も観光地、海沿いのリゾートとしてさらなる開発がすすんでいる。

軍事[編集]

軍港[編集]

カムラン湾は、ベトナム戦争時代にはアメリカ軍の軍港、ベトナム戦後はソ連の海軍基地となった。

空軍基地[編集]

アメリカ軍ナトラング空軍基地英語版がある。

観光[編集]

  • ニャチャン・ビーチ:7km にわたる美しい砂浜はベトナムでも有数。年間を通じ好天が多いため、ベトナム随一のビーチリゾートとなっている。
  • ニャチャン大聖堂:高台にあるカトリック教会ステンドグラスが美しい。
  • ポー・ナガール英語版チャンパ王国時代の遺跡。寺院であり、現在でも参拝に来る人が絶えない。ベトナム風のシヴァ神のレリーフがある。現在の建物は、10世紀頃のものである。
  • アイランド・ホッピング・ツアーのある島々が沖合に広がり、ダイビング・スポットとしても有名である。
  • ニャチャン海洋生物博物館:1923年カウダ区にフランス風コロニアル様式で建造された。水槽や標本室、文献室がある。水槽には地元海洋の様々な生物が飼育されている。さらに、本館の大展示室には海鳥や魚、珊瑚など、ホルマリンで保存された海洋生物の剥製を含む6万点もの標本が展示されている。また、ジュゴンホルマリン漬けの標本も見る事ができる。

交通[編集]

外部リンク[編集]