中国聯合通信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中国聯合通信有限公司
China Unicom
種類 株式会社
市場情報
SEHK 0762
NYSE CHU
略称 CHU、CU-GSM
本社所在地 中華人民共和国の旗 中国
中華人民共和国
設立 1994年7月19日
業種 情報・通信業
事業内容 GSMWCDMA移動通信
代表者 常小兵
外部リンク http://www.chinaunicom.com
テンプレートを表示

中国聯合通信有限公司(ちゅうごくれんごうつうしんゆうげんこうし)、中国聯通(ちゅうごくれんつう)、チャイナ・ユニコム(英文社名 : China Unicom)は中国通信事業者1994年中国政府によって設立された。香港証券取引所ニューヨーク証券取引所に上場している。現地人には一般的に「聯通(れんとん)」と呼ばれている。

2002年からCDMAの携帯電話サービスを開始した(現在は、中国電信が譲受し撤退)。中国移動通信ボーダフォンにつぐ世界3位の携帯電話キャリアになった。

公司結構[編集]

中国聯合通信有限公司
(聯通集團)
↓69.32%
中国聯合通信股份有限公司
(中国聯通)

↓82.10% ↓17.91%
中国聯通(BVI)有限公司
(聯通BVI)
↓77.41%
中国聯通股份有限公司
(聯通紅籌公司)
↓100%
中国聯通有限公司
(聯通運營公司)

最近の中国聯通[編集]

2008年には、第三世代携帯電話(3G)の実施を目前にして3つの通信メガグループ(中国電信・中国聯通・中国移動)に集約する業界の再々編成で、中国聯通のGSM回線・業務と中国網通の業務(小霊通を含む)も引き次いだ新しい中国聯通が発表されている(中国聯通のCDMA回線・業務は中国電信に併合)。

2009年5月から、3GのサービスをW-CDMA方式により55都市(省都および深圳大連など主要都市)で試験営業を行なった。現在は全国で3Gサービスを展開中。

パケット通信[編集]

  • 料金は比較的安価で、通信速度も良好である。ただし、チャイナモバイルと異なり、地下鉄の構内などでは圏外になりやすい。
  • 現在の3Gパケットサービスは、基本的に中国全土のチャイナユニコム・ネットワークで利用できるが、何らかのプランに入っている場合、必ずネットワークオペレーターの選択で「CHINA UNICOM 3G」を選ばなければ、パケット接続料金がプラン内に入らず、従量課金となるので注意が必要。省外へ出た時に自動で掴んだ2Gの電波でパケット通信しないように、端末の設定を「WCDMA ONLY」にしておくとよい。

コールセンター[編集]

  • 中国国内から携帯電話やスマートフォンに有効なSIMを差して、アクティブな状態で「10010」をダイヤルすれば、コールセンターに繋がる。

基本的に中国語と英語のみであるが、例外として上海ユニコムに限り、日本語もサポートしている。コールセンターに接続後、ガイダンスに従って「7」をプッシュすれば日本語サービスに繋がる。

SMSでの残高追加[編集]

  • リチャージカードを購入して残高を追加する際に、中国語や英語が苦手でリチャージダイヤルでの操作が不安な場合、有効な携帯電話やスマートフォンからSMSの送信で残高の追加が可能。

具体的には「10010」宛にSMSで「CZ#*********(カードに記載されているパスワード)」を送信すればよい。

SIM購入時の注意[編集]

  • 正規代理店ではない携帯電話販売店でSIMを購入する場合、国際SMS送信(ただし受信は可能)に対応していないものがある。ドコモやソフトバンクへメール送信が必要な場合、購入時に要確認。

参照項目[編集]

外部リンク[編集]