オリンピック航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリンピック航空
Ολυμπιακές Αερογραμμές
IATA
OA
ICAO
OAL
コールサイン
Olympic
設立日 1957年
ハブ空港 エレフテリオス・ヴェニゼロス国際空港
焦点空港 テッサロニキ・マケドニア国際空港
マイレージサービス Icarus Frequent Flyer Program
会員ラウンジ Olympic Airways "Melina Merkouri", "Aristotle Onassis" lounges
同盟 スターアライアンス(加盟予定)
保有機材数 40機
就航地 77都市
親会社 エーゲ航空
本拠地 ギリシャの旗 ギリシャ アテネ
代表者 Yiannos Benopoulos (会長CEO)
外部リンク https://www.olympicair.com/

オリンピック航空ギリシャ語名:Ολυμπιακές Αερογραμμές 英語名:Olympic Air)はギリシャ航空会社。本社はギリシャの首都アテネにある。

ギリシャの海運王アリストテレス・オナシス(Aristotle Onassis)が1957年にギリシャ国営航空会社T.A.E.を買収して設立。その後1974年にギリシャ政府が再び買収し、国営航空会社であった。2009年9月に民営化し、英語名をOlympic AirlinesからOlympic Airに変更(日本語名では変更なし)。

2010年2月、エーゲ航空との合併に合意したが[1]、この計画は2011年1月に欧州委員会の審査で不認可となった[2]

その後、2012年10月22日に当社の大株主である Marfin Investment Group が、エーゲ航空への当社売却に合意[3]。2013年10月9日に欧州委員会から売却の承認を得、当社は同年同月23日にエーゲ航空の子会社となった[4]

路線[編集]

国内線[編集]

  • ギリシャ国内の37都市に就航している。

国際線[編集]

アフリカ

アジア

ヨーロッパ

北アメリカ

保有機材[編集]

オリンピック航空エアバスA320
ボーイング737(旧塗装)

オリンピック航空は最新鋭機でも、1980年代頃まで各国の航空会社に見られたような窓部分に線(チートライン)を入れるデザインを、2000年代まで踏襲していた。

オリンピック航空の機材は以下の航空機で構成される:

かつては日本のYS-11を使用していたこともある。

かつて運航[編集]

[要出典] オリンピック航空でかつて運航していた機材:

オリンピック航空/引退した機材
機種 乗客 路線 寄港した空港 備考
ダグラス DC-3 14 28 近距離路線
国内線とバルカン
SX - BAA / BAC / BAD / BAE / BAG / BAH / BAK / BAL / BAN / BBA / BBC / BBD / BBE / BBF O.A.が所有
ダグラス DC-4 2 近中距離路線
国内線とヨーロッパ
SX - DAC / DAG
ダグラス DC-6 13 66 (1958), 95 (1967) 近中距離路線
国内線とヨーロッパ
SX - DAD / DAE / DAF / DAH / DAI / DAM / DAP / DAQ / DAR / DAS, F - BGSK / BGTY / BGTZ 10機はO.A.が所有 (DAD - DAS), 3機はU.A.T.からリース (BGSK, BGTY, BGTZ)
デハビランドコメット 4B 6 147 (1966), 165 (1968) 中距離路線
欧州, 中東
SX - DAK / DAL / DAN (first G-APZM) / DAO (first G-ARDI), G -ARJL / APMC 2機はBEAからリース (BEA-OLYMPIC) (ARJL, APMC), 4機はO.A.が所有 (DAK, DAL, DAN, DAO)
ボーイング 707-320 8 147 (1966), 165 (1968) 長距離
北米,アフリカ, オーストラリア, アジア
SX - DBA / DBB / DBC / DBD / DBE / DBF / DBO / DBP O.A.が所有
ボーイング 717-200 3 105 中距離路線
ギリシャと欧州
SX - BOA / BOB / BOC 2 機はBavariaからリース (BOA, BOB), 1機はPembroke Capitalからリース (BOC)
ボーイング 720-051B 7 160 近中距離路線
国内線, 欧州と中東
SX - DBG / DBH / DBI / DBK / DBL / DBM / DBN O.A.が所有
ボーイング 727-30 2 近中距離路線
国内線, 欧州と中東
N9233Z, N9234Z ボーイングからリース
ボーイング 727-200 10 146 近中距離路線
国内線, 欧州と中東
SX - CBA / CBB / CBC / CBD / CBE / CBF / CBG / CBH / CBI, ZS - NZV 9機はO.A.が所有 (CBA - CBI), 1機はSafairからリース (NZV)
ボーイング 737-200 15 123 中距離路線
ギリシャと欧州
SX - BCA / BCB / BCC / BCD / BCE / BCF / BCG / BCH / BCI / BCK / BCL, N321XV, N322XV, N501AV, N505AV 4機は Aviation Sales Companyからリース, 11 機はO.A.が所有 (BCA - BCL)
ボーイング 737-300 5 138 近中距離路線
国内線, 欧州と中東
EC - IFV / IOR / JQX / JTV, SX - BLA 5 機はHola Airlinesからリース (IFV, IOR, JQX, JTV), 1機はBoullioun Aviationからリース (BLA)
ボーイング 737-400 5 150 近中距離路線
国内線, 欧州と中東
SX - BMA / BMB / BKK / BKL, EC - KBO 1 機はHola Airlinesからリース (KBO), 1 機はPembroke Capitalからリース (BMA), 1 機は Oasis International Leasingからリース (BMB), 1 機は ILFCからリース (BKK), 1 機はGECASからリース (BKL)
ボーイング 747-100 1 長距離
北米,アフリカ, オーストラリア, アジア
EI - BRR GPAからリース in 1986
ボーイング 747-200 5 426 長距離
北米,アフリカ, オーストラリア, アジア
SX - OAA / OAB / OAC / OAD / OAE, TF - ARO 5機はO.A.が所有 (OAA - OAE), 1機はアトランタ航空から2004年のオリンピック聖火リレーのためにリース(ARO)
ブリテン・ノーマン BN-2アイランダー 15 9 短距離
国内線と島嶼間
リース
NAMC YS-11 10 64 短距離
国内線と島嶼間
SX - BBG / BBH / BBI / BBJ / BBK / BBL / BBM / BBP / BBQ / BBR 8機はO.A.が所有, 2機はNAMCからリース (BBJ, BBM)
ドルニエ Do 228 9 18 短距離
国内線と島嶼間
SX - BHA / BHB / BHC / BHD / BHE / BHF / BHG / BHH / BHI 2 機はドルニエからリース (BHA - BHB), 7機はO.A.が所有 (BHC - BHI)
ショート 330 6 30 短距離
国内線と島嶼間
SX - BGA / BGB / BGC / BGD / BGE / BGF O.A.が所有
ショート スカイバン 4 18 短距離
国内線と島嶼間
SX - BBN / BBO / BBT / BBW 2機はO.A.が所有 (BBN, BBO), 2機はリース(BBT, BBW)

オリンピックのロゴ[編集]

オリンピック航空は過去には白鷲とプロペラを組み合わせたものやオリンピックの社名にちなんで5輪を使用していた。最初の飛行から2年後オナシスは新しいロゴと輪の色に関して創造するように頼んだ。オナシスはオリンピック競技の5色の輪をコピーすることを求めたが、国際オリンピック委員会がロゴに対して抗議したので新しいロゴは6輪になった。最初の5つの輪は5大陸を表し、6番目の輪はギリシャを表す。色は黄、赤、青、白である。

その他[編集]

  • 社名であるオリンピックはオナシスの古代ギリシャに対する情熱から名づけられた。彼の多くの会社にはオリンピックが社名に入っている。彼は同様に所有する船舶にもつけた。
  • OAの規定ではすべての男性の客室乗務員はオナシスに敬意を表して黒のネクタイを着用しなければならない。
  • OA 客室乗務員の制服はファッションデザイナーであるJean Desses (1957), ココ・シャネル (1966)と ピエール・カルダン (1969) と後にはギリシャのファッションデザイナーであるBilly Bo (Μπίλλυ Μπο)がデザインした。[5]

脚注[編集]

  1. ^ オリンピック航空は生き残りへ合併合意
  2. ^ ギリシャ2大航空合併認めず 欧州委(日本経済新聞、2011年1月26日)
  3. ^ AEGEAN agrees with MIG to acquire OLYMPIC AIR (エーゲ航空、2012年10月22日付)
  4. ^ AEGEAN completes acquisition of Olympic Air (エーゲ航空、2013年10月9日付)
  5. ^ To Vima online Φρίντα Μπιούμπι. Οι τίτλοι μιλάνε από μόνοι τους: «Και το όνειρο πάγωσε» (η ζωή και ο θάνατος του σχεδιαστή Μπίλλυ Μπο) (Frieda Bioubi. The titles speak for themselves. And the dream turned cold (The life and death of fashion designer Billy Bo).
    To Vima online translation by Google Quote: Bioumpi Frinta...«And the dream froze» (the life and death of Billy designer Bo)..[sic]

外部リンク[編集]