ヴェーツェ空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴェーツェ空港
Flughafen Weeze/Niederrhein
Weeze Airport
Weeze Airport Weeze Empfangshalle außen.jpg
IATA: NRNICAO: EDLV
概要
空港種別 公共
運営者 Flughafen Niederrhein GmbH
供給都市 クレーヴェ
デュースブルク
ナイメーヘン
標高 106 ft / 32 m
座標 北緯51度36分09秒 東経006度08分32秒 / 北緯51.60250度 東経6.14222度 / 51.60250; 6.14222 (Weeze Airport)座標: 北緯51度36分09秒 東経006度08分32秒 / 北緯51.60250度 東経6.14222度 / 51.60250; 6.14222 (Weeze Airport)
ウェブサイト www.airport-weeze.de
滑走路
方向 全長 表面
m ft
09/27 2,440×45 8,005 舗装[1]
統計 (2008年)
利用者数 152万人
出典:独 AIP at EUROCONTROL[2]

ヴェーツェ空港(ニーダーライン空港、: Flughafen Weeze/Flughafen Niederrhein)は、ドイツノルトライン=ヴェストファーレン州クレーヴェ近郊のヴェーツェドイツ語版に位置する空港である。

概要[編集]

第二次世界大戦以前はドイツ空軍の、以降はイギリスの軍事基地として利用されていたが、1990年代にイギリス軍が撤退する計画を発表し、2003年には軍が撤退、民間用の空港に転換された。

ライアンエアーが拠点としている。当初この空港はデュッセルドルフ・ヴェーツェ空港として案内されることになったが、実際にはデュッセルドルフは約80kmほど南方に位置している。2005年「デュッセルドルフから遠すぎるため、デュッセルドルフの名を冠するのは詐称である」として裁判を起こされ、裁判所から「デュッセルドルフ」の名を冠することを停止するよう命令を受けた。

現在はライアンエアーの他、ウィズエアー等の格安航空会社が就航し、XL航空等のチャーター便も運行されている。

開港年である2003年に20万人ほどであった利用者数は、2007年には85万人、2008年には150万人、2009年には240万人となっており、ヨーロッパ内でも急速に利用を伸ばしている空港の1つである。

アクセス[編集]

デュッセルドルフ、ケルンドイツ鉄道ヴェーツェ駅などからバスが運行されている。

脚注[編集]

  1. ^ コンクリートとアスファルトの混在World Aero Data による空港情報 (PGUM). 2006年10月時点のデータ. より
  2. ^ EAD Basic

外部リンク[編集]